これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 198

また取れない!!

f:id:uretanonatsumu:20181230220348j:plain

いつものように、あきが「投げて、投げて」とお気に入りのボールを持ってきたので、ポーンと投げてあげたところ、追いかけたあきの顔に当たり、その拍子に彼女のご飯入れにスポっと入ってしまいました

f:id:uretanonatsumu:20181230220403j:plain

「あれ?入っちゃったね」

あきがこちらを見ています。

「あき、取れるよ。頑張って!」

f:id:uretanonatsumu:20181230220418j:plain

毎度の事ながら、取りにくい場所に入ると「取って~」という顔をしてこちらを見るあきを励まします。

でもすぐにこの表情に。

f:id:uretanonatsumu:20181230220435j:plain

『取れないよ?』

「あきちゃん、取れるよ。もっと頑張って!」

そう言われてお茶碗の中のボールを咥えようとしますが、うまく行かないようです。しばらくしてまたこんな顔に。

f:id:uretanonatsumu:20181230220457j:plain

『取れないっ!!!無理っ!!!!』

「取れるよ~あきちゃん、あきなら取れる!!」

仕方ないので近づいてみます。

『取れないってば』

f:id:uretanonatsumu:20181230220524j:plain

「何で?見えてるよ?ちゃんと見えてるから取れるよ」

そう言われてボールをじっと見つめます。

f:id:uretanonatsumu:20181230220537j:plain

仕方なく再度チャレンジ。

f:id:uretanonatsumu:20181230220550j:plain

頑張ってる、頑張ってる。

f:id:uretanonatsumu:20181230220602j:plain

お茶碗に鼻先を突っ込んで咥えようとしていますが・・・

f:id:uretanonatsumu:20181230220618j:plain

どうやらお茶碗の直径がボールとあきの鼻と顎を入れるには小さいようです。

鼻先を入れると、顎が入らない。。。

『頑張れって言われても取れないよ~』

f:id:uretanonatsumu:20181230220720j:plain

再度角度を変えて咥えようとしますが、直径が変わるわけではないので取れません。

f:id:uretanonatsumu:20181230220734j:plain

今度は、鼻先を入れずにお茶碗の淵にかけたまま、顎だけ入れてみました。

あき、賢い!

f:id:uretanonatsumu:20181230220753j:plain

でも、ちゃんと挟めないのでやっぱり取れない。。。

『うーん。。。どうしたら取れるんだろう』

f:id:uretanonatsumu:20181230220811j:plain

考えてる、考えてる。賢いね、あきちゃん!

「あき、それ噛むのは無理なんじゃない?」

若干イラっとしてきたようです。

f:id:uretanonatsumu:20181230220823j:plain

そこで、思わずお茶碗をパンチ!

f:id:uretanonatsumu:20181230220837j:plain

そう、そうよ!あきちゃん!噛むんじゃなくて、お茶碗をひっくり返せば取れるのよ!!頑張れ!!

『この、このお茶碗が!!!』

そこでまたパンチ!

f:id:uretanonatsumu:20181230220853j:plain

茶碗の淵に手をかけてひっくり返せ!ほら頑張れ!と心の中で応援しますが、「ひっくり返す」ことには残念ながら気づけず、両手でお茶碗を押して伏せて行きました。

f:id:uretanonatsumu:20181230220944j:plain

思い通りにならないボールをじっと見つめています。

『うーん。何故取れない。。。』

f:id:uretanonatsumu:20181230221000j:plain

そしてまたお茶碗を手で押して見ることに。

f:id:uretanonatsumu:20181230221015j:plain

「あきちゃん。押してもお茶碗が移動するだけだよ?」

『何で取れないんだろう。。。』

f:id:uretanonatsumu:20181230221036j:plain

『もう。。。見えてるのに。。。何で取れないの???』

考えてる、考えてる。

f:id:uretanonatsumu:20181230221058j:plain

「あき、取れないね」

f:id:uretanonatsumu:20181230221708j:plain

『これ、無理だと思う』

「あれ?あきちゃん。目の下クマみたいになってるよ?疲れちゃった?」

f:id:uretanonatsumu:20181230221557j:plain

「取って欲しいの?」

f:id:uretanonatsumu:20181230221146j:plain

「取ってあげようか?」

『取って取って!』

f:id:uretanonatsumu:20181230221425j:plain


お茶碗に入ったボールは、お茶碗をひっくり返したら取れるのよ、って言ってもわかんないよね~。そのうち出来るようになるかな?

まあ、今日のところは取ってあげましょうかね。あきちゃん。