これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 197

取れないっ!!!

f:id:uretanonatsumu:20181225002913j:plain

あきが、ピアノの椅子の下に潜り込んでいます。どうやら、お気に入りのボールがピアノのペダルの間に挟まってしまったようです。

f:id:uretanonatsumu:20181225002931j:plain

「あきちゃん、取れないの?」

『取れないの』

f:id:uretanonatsumu:20181225002947j:plain

以前はボールがどこかに入ってしまうと、『取って、取って!』と努力せずに取ってもらえるのを待っていたあきですが、自力で取れるまで出来るだけ様子を見るようにしていたおかげで、最近は自分でどうにかしようと努力するようになってきました。

という訳で、今回も自分で取ろうと頑張り始めました。

f:id:uretanonatsumu:20181225003000j:plain

お得意の手を使って掻き出そうとしています。

f:id:uretanonatsumu:20181225003015j:plain

でも、なかなか上手く行きません。

f:id:uretanonatsumu:20181225003036j:plain

何度も「猫パンチ」ならぬ「犬パンチ」を繰り出しましたが、思ったような効果はないので今度は口でアプローチ。

f:id:uretanonatsumu:20181225003052j:plain

『も~取れない~』

どうもパンチでどんどん奥に押し込んでしまったようです。

f:id:uretanonatsumu:20181225003111j:plain

取れる気配のないボールを眺めています。

困ったね、あきちゃん。

f:id:uretanonatsumu:20181225003126j:plain

そこで、今度は舐め舐めアプローチ!

f:id:uretanonatsumu:20181225003137j:plain

必死にボールの表面を舐めています。

f:id:uretanonatsumu:20181225003149j:plain

でもね、あき。舐めても取れないよ?

流石に本人も気づいたようで、再度手で押します。

f:id:uretanonatsumu:20181225003200j:plain

『もー!!何で取れないの~!!』

f:id:uretanonatsumu:20181225003216j:plain

ここで、私の方をチラ見。

f:id:uretanonatsumu:20181225003236j:plain

「あき、頑張れ!あきならできるよ!!絶対に取れる!!」

励まされて、逆に、これは当てにできないと分かったのでしょう。再び犬パンチ!

f:id:uretanonatsumu:20181225003244j:plain

そしてまた口が出た!!

f:id:uretanonatsumu:20181225003258j:plain

咥えたいのに咥えられない!!仕方なくまた手を使います。

f:id:uretanonatsumu:20181225003309j:plain

『ねえ、取れないんですけど』

f:id:uretanonatsumu:20181225003332j:plain

「頑張れあき!」

また励まして見ます。すると仕方なくまた犬パンチ。

f:id:uretanonatsumu:20181225003347j:plain

『も~なんで取れないかな💢』

f:id:uretanonatsumu:20181225003406j:plain

『えい、えい!!』

f:id:uretanonatsumu:20181225003419j:plain

必死に左手で掻き出そうとしていますが、右手でしっかりボールを押さえ込んでいるという痛恨のミス!!片手で押して、片手で引いてちゃ絶対に取れないから!!

『ああ、もう腹がたつ!!!』

f:id:uretanonatsumu:20181225003447j:plain

だから、右手どかして!!!あきちゃん!!!

私の心の叫びが通じたのか、漸く片手だけになりました。

f:id:uretanonatsumu:20181225003503j:plain

もう、形相変わってるし!!あきちゃん、顔!顔!!!

『えいっ!もう、こっち来いっ!!!』

f:id:uretanonatsumu:20181225003533j:plain

顔、怖いよ!!!顔直して、ほらっ!!

『もう、こっち来てよ~なんで来ないの?』

f:id:uretanonatsumu:20181225003554j:plain

今度は上手に手のひらを丸めて、ボールをしっかり掴むようにしました。いい感じです!

f:id:uretanonatsumu:20181225003608j:plain

ちょっと手前に転がった!と思ったら、気が早ってすぐに口が出た!

f:id:uretanonatsumu:20181225003620j:plain

そして上手く噛めなかったので、また犬パンチで押し込んだ!!

f:id:uretanonatsumu:20181225003633j:plain

あ~あ。せっかく上手く行きだしたのに!

本人もがっかりしたのか横たわります。

f:id:uretanonatsumu:20181225003645j:plain

すると、またこっちをチラ見。

f:id:uretanonatsumu:20181225003659j:plain

次の瞬間、ペダルをカプリ!

「あきちゃん、ペダル噛まないの!!」

f:id:uretanonatsumu:20181225003714j:plain

『もう、もうもう!!!!なんで取れないの!!!💢』

f:id:uretanonatsumu:20181225003735j:plain

あ、荒れてる・・・・

そしてボールをガン見。。。

f:id:uretanonatsumu:20181225003757j:plain

そして、不意に上体を起こしてこっちを見ました。

『ねえ、さっきからそこでただ見てるよね💢』

f:id:uretanonatsumu:20181225003826j:plain

「あき、どうした?何が言いたいのかな?」

目が怖いよ、あき。

『さっきから、ずっと見てて、手を貸してくれませんよね?見てるだけですよね?ずーっと見てますよね?ただ、見てますよね?💢💢💢』

f:id:uretanonatsumu:20181225003900j:plain

「だってほら、あきが頑張ってるから、見てあげてるの。あきなら出来るよ。ほら頑張れ!!」

そしてまたペダルとガブっ!!!

f:id:uretanonatsumu:20181225003925j:plain

あ~相当イライラしてる。

噛んでても何も変わらないと思ったのでしょう。再度手を使ってボールを取ろうとし始めました。

f:id:uretanonatsumu:20181225003944j:plain

でももう、流石に限界のようです。

『ねえねえ』

f:id:uretanonatsumu:20181225004010j:plain

おっ。戦法を変えて来ましたよ。

『ねえねえ。ねえってば』

f:id:uretanonatsumu:20181225004032j:plain

グイグイ近づいて来ます。

『ねえ、ボール取って~』

ここで、可愛らしく私の手をぺろり。

f:id:uretanonatsumu:20181225004055j:plain

ぺろぺろ舐めて、すっかりおねだりモードに。

はぁ。やっぱり無理だったかぁ。見ると、犬パンチでペダルの間にこれでもか!というぐらいギュッと押し込まれてしまっています。

f:id:uretanonatsumu:20181225004130j:plain

私でもかなりの力を入れないと抜けないほどの押し込みかた。まったくもう。パンチしすぎだよ、あき。

キュッと掴んで引っ張りだし、ペダルの近くに置きました。

f:id:uretanonatsumu:20181225004146j:plain

「ほら、あき取れたよ」

f:id:uretanonatsumu:20181225004203j:plain

わーい!とすぐに噛むかと思いきや、ちょっと複雑な彼女。

f:id:uretanonatsumu:20181225004218j:plain

頑張ったのに取れなかった屈辱感でしょうか?

漸くボールをハムハム。

f:id:uretanonatsumu:20181225004236j:plain

「あき、嬉しくないの?」

f:id:uretanonatsumu:20181225004249j:plain

「ボールで遊びたかったんでしょ?」

f:id:uretanonatsumu:20181225004302j:plain

何だか小首を傾げているような。。。

そして、次の瞬間ボールを置いて立ち去りました。

f:id:uretanonatsumu:20181225004318j:plain

えーっ!!!今までの頑張りと取れた喜びはどこへ?

もう、だったら自分で最後まで頑張れば良かったじゃない!!!

 

何だか複雑な乙女心です(笑)