これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 192

自由過ぎる

f:id:uretanonatsumu:20181217190144j:plain


あきが、夫の座椅子を占拠しています。最近、だれかが席を立つと必ずそこに座るようになりました。

「あき、ほらどいて!」

f:id:uretanonatsumu:20181217190222j:plain

席に戻って来た夫が声をかけても全く動じず座ったままのあき。

「ほら、そこあきの席じゃ無いでしょ?どきなさい!」

余りに退かないので座椅子の座面を持って左右に揺らして見ます。

f:id:uretanonatsumu:20181217190242j:plain

でも、怖がるどころか姿勢を低くして必死に揺れに耐えています。

f:id:uretanonatsumu:20181217190258j:plain

なぜそこで頑張る?

揺らし作戦はあえなく失敗。

「ほら、あきちゃん、どいてよ~」

f:id:uretanonatsumu:20181217190317j:plain

今度は占拠作戦に出ました。あきが座っている座面に自分も腰掛けて少しずつ押し出します。

f:id:uretanonatsumu:20181217190330j:plain

流石に今度は立ちました。

f:id:uretanonatsumu:20181217190345j:plain

なんだろう、この「私の席」主張・・・

 

ところで、あきのケージ(ハウス)は障子の横に設置しています。先代犬のシェルティー「ナナ」も同じ場所にケージを置いていました。

子供の頃、歯の生え変わりの時期に、見事に!!障子を噛みまして、木枠が消えて無くなりました。完全に障子が一枚ダメになりました。

あきもやるかな~と思っていたのですが、意外にも!賢く(笑)障子は無傷。予想外の展開に、おかしいな~全く無傷とか有り得ないんだけどと思っていたら、やっぱり始まりました。

f:id:uretanonatsumu:20181217190457j:plain

見事にビリビリです。

「あき!これ何!!!💢」

予想通りとはいえ、一応怒っておかねば。

f:id:uretanonatsumu:20181217190524j:plain

おや、障子越しにこっちを見ています。

「あき、誰これ、破いたのだれ!!」

『・・・・・・』

f:id:uretanonatsumu:20181217190550j:plain

「ビリビリにして!ダメでしょう!!」

すると、近くまで来て木枠から顔を出しました。

f:id:uretanonatsumu:20181217190612j:plain

か、可愛いっ!!怒ってるけど、笑ってしまうっ💦

「あき、誰、破いたの!そこから顔出さないの!!」

f:id:uretanonatsumu:20181217190656j:plain

「舌でてるよ!お手いらないし!!」

なぜ、ここでお手?これはあきの「ごめんなさい」なのでしょうか?

先代ナナの「ごめなさい」は、お座りしてお手とおかわりエンドレスでしたが。。。とりあえず、ビリビリにしてしまったので、対策を考えねばなりません。体が大きくなって障子に楽々届くようになったあき。今は2コマ破っただけですが、視界クリアーを目指してもっとビリビリやっていまうに違いありません。障子の木枠までやられたら張替えも出来なくなります。

「対策考えるわ~」

と言う夫に対策は任せる事に。

 

全く、やりたい放題だな、と思いながら廊下に出ると今度は・・・

f:id:uretanonatsumu:20181217190727j:plain

父が廊下に干していた雑巾が床に散乱。これは間違いなく、あきです。

またやった💢と思い、あきを怒りに部屋に戻ろうとすると

f:id:uretanonatsumu:20181217190750j:plain

すでに、

『あ、バレる!!』

と心配したあきが、扉の向こうからそっとこちらの様子を伺っていました。

確信犯!!

「あき、こっち来なさい!」

f:id:uretanonatsumu:20181217190829j:plain

「誰これやったの?あき?あきでしょ!ダメって言ったよね?いつも言ってるよね?」

廊下の端からこちらを眺めています。

「全くもう。雑巾で遊ばないの!」

あきが簡単に落とせないようにバーに結びつけて行きます。

f:id:uretanonatsumu:20181217190905j:plain

「分かった?ダメだからね!」

一応大人しく聞いているように見えますが、多分心の中はきっとこうです。

『あ、結んでる。あれ、簡単にほどけるんだよね。あとでまた来ようっと。むしろ、取れにくい方が燃える!!!』

自分のやりたいようにするあきの行動は、これからますます驚きの展開を見せることになったのでした。