これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 190

静かなるネギ遊び

f:id:uretanonatsumu:20181210142956j:plain



あきが、現在彼女の中で一番ヒット中のおもちゃ、ネギを持ってやってきました。

ネギの緑色の部分を咥えて、ぶらぶらぶら下げています。

「あきちゃん、どうした?遊んで欲しいの?投げるの?」

f:id:uretanonatsumu:20181210143013j:plain

持って来たのに全く口から離す気は無いようです。彼女がして欲しいのは、おそらく引っ張り合いっこなのですが、最近特に力をつけて気があきと引っ張り合うのはなかなか骨が折れるので・・・

「あきちゃん、離して。投げないよ?投げなくていいの?じゃあ、こうだ!」

ぶら下がっているネギを持って、くるっとあきの口を一回りさせて見ました。

f:id:uretanonatsumu:20181210143029j:plain

それでも離す気は無いようで、すぐにくるっと逆回転させて再びぶら下げました。

f:id:uretanonatsumu:20181210143043j:plain

「離さないね~じゃあ、やっぱりこうだ!」

f:id:uretanonatsumu:20181210143056j:plain

あきの顔に巻きつくネギ!でも本人は気にしていないのか、じっとしています。

f:id:uretanonatsumu:20181210143112j:plain

そしてまた顔を動かして、自分でネギを逆回転。

f:id:uretanonatsumu:20181210143128j:plain

私は私で、勢いつけて再度ネギを顔に巻きつけて見ます。

f:id:uretanonatsumu:20181210143142j:plain

でもまたあきは逆回転でネギをぶら下げました。

f:id:uretanonatsumu:20181210143157j:plain

「あきちゃん、ほら、離して!離したら投げてあげるから」

f:id:uretanonatsumu:20181210143215j:plain

そういって真上に持ち上げて見ましたが、これでもまだ離しません。

f:id:uretanonatsumu:20181210143230j:plain

『そうじゃなくて~』

とでも言うように、またネギを回転させてぶら下げます。

f:id:uretanonatsumu:20181210143259j:plain

「何?引っ張るの?」

『そうそう』

f:id:uretanonatsumu:20181210143342j:plain

「これでいいの?」

『ま、そんな感じ!』

f:id:uretanonatsumu:20181210143403j:plain

でも、まだネギを離さず再びぶら下げました。

f:id:uretanonatsumu:20181210143418j:plain

しかも、テンション低っ!!!

もはや、何がしたいのかいまいちわかんなくなって来たよ、あき。

f:id:uretanonatsumu:20181210143448j:plain

『だから、ネギ!』

「いやいや。ネギは分かってるけど、投げて欲しいの?欲しく無いの?」

とりあえず、ネギの白い部分を持って見ましょう。

f:id:uretanonatsumu:20181210143528j:plain

全く離さないので、新たな行動に出て見ました。

ポコっ!

f:id:uretanonatsumu:20181210143557j:plain

どうだあき!これなら離すだろう!!

クッションになっている部分で軽く頭をぽこっとやってみましたが

f:id:uretanonatsumu:20181210143628j:plain

離さない。

「あきちゃん、怖く無いの?」

まあ。力を入れているわけでは無いので、痛くは無いですけどね。

再度ポコっ!

f:id:uretanonatsumu:20181210143647j:plain

それでも離さない・・・何度ネギで額をペシペシやられても、全く怯まず!!

f:id:uretanonatsumu:20181210143702j:plain

しっかり奥歯で噛み締めています。やっぱり引っ張り合いたかったのね。

f:id:uretanonatsumu:20181210143717j:plain

でも私は引っ張りっこはしたく無いので、今度はあきの目の前でワイパーみたいに左右に振って見ました。今度こそ離すでしょうか?!

f:id:uretanonatsumu:20181210143732j:plain

動かしている間、目は閉じるものの離さない!

f:id:uretanonatsumu:20181210143747j:plain

「ほら、離して!」

f:id:uretanonatsumu:20181210143800j:plain

再度目の前で振って見ますが・・・

f:id:uretanonatsumu:20181210143817j:plain

全く離さない!

f:id:uretanonatsumu:20181210143830j:plain

「あきちゃん、これ楽しいの?」

ずーっと無言でネギを噛み、私の側から離れないあき。何て静かな遊びなんだ!!

f:id:uretanonatsumu:20181210143846j:plain

すると、急にネギを振り回しました。

f:id:uretanonatsumu:20181210143902j:plain

白い部分に埋め込まれている音がなる部分をぎゅっと噛みます。

「キュッキュッキュッ!!」

f:id:uretanonatsumu:20181210143920j:plain

音を出すときには、遊んでのサイン。

仕方がないのでまたネギを握ってあげます。

f:id:uretanonatsumu:20181210143947j:plain


そして、全くネギを口から離さないあき。いつになったらこの遊びが終わるのやら。

こうして、静かで、面白いんだか面白くないんだかよく分からない遊びは続くのでした。