これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 183

久々のお留守番

f:id:uretanonatsumu:20181129185054j:plain
ゴールデンウィークがやって来ました。今日は夫と二人、あきと父を残して一泊旅行に出かけます。あきは、2月に叔父が亡くなった時以来の、二人同時不在のお留守番です。

 

実は、我々夫婦は昨年結婚したばかりで、初めての結婚記念日を祝しての旅行です。(言うまでもなく、かなりの晩婚です。笑)

 

1年前にはあきが家族に加わるとは全く予想もしていませんでしたが、1年経ってみたら物凄い存在感の家族が増えてました!

そろそろゴールデンウィーク、結婚記念日が来ちゃうよ、という頃、どうする?と相談して「近間で混んでなくて、ゆっくり出来て、ご飯が美味しいところ」と言う条件下でヒットしたのが、京都亀岡の湯の花温泉「すみや亀峰庵」でした。

 

私がちょこちょこ旅行に出かけるので、最近あきはキャリーバッグが出てくると、ソワソワするようになりました。今日は二人で出かけることもあり、あきにバレないように隠れて荷作り、玄関に移動させておきます。

お昼頃に京都に着くようにゆっくり用意をしているので、これから出かけるとは全く思っていないあき。のんびりしています。

f:id:uretanonatsumu:20181129185256j:plain

尻尾も伸びているところを見ると、どうやら深い眠りに入っているようです。

f:id:uretanonatsumu:20181129185335j:plain
昨夜大騒ぎだったあきの「階段落ち」は幸い全く影響がなく、今日も元気に歩いています。本当に良かった!

 

あきに旅行だと気づかせないようにそっと出て行こうか、と二人で話し

「行ってきます!色々よろしくね!」

と父に告げると、何と!あきを抱っこして我々を見送りに来てくれるではないですか!!

玄関のキャリーバッグをしっかり見てしまったあき。ああ、バレました。。。とほほ。

「あきちゃん、いい子でね!」

父の予想外の行動(笑)あきちゃん、本当にいい子にしててね!

 

さて、世の中はGW。予想通りの混雑です。京都駅からJRで嵯峨野線で嵯峨野駅に向かいます。そこから「トロッコ列車」に乗って、「トロッコ亀岡」まで移動の予定です。

保津峡を眺めながらトロッコ列車に揺られて、旅行気分を味わいます。

保津峡の土手には、子供の日が近いこともあり、鯉のぼりが沢山飾られていました。

f:id:uretanonatsumu:20181129185401j:plain


旅館の送迎バスが待っている「トロッコ亀岡」で下車。マイクロバスに揺られて山間の町へ。

到着した湯の花温泉は、静かでのんびりした場所でした。

早速散歩に出ると、イノシシの像を発見!

「あきの代わりに撫でておこう!!」

f:id:uretanonatsumu:20181129185422j:plain

ナデナデする私の次に、夫もナデナデ。

f:id:uretanonatsumu:20181129185452j:plain

ここにイノシシが飾られて居ると言うことは、冬には「ぼたん鍋」が有名な地域なのでしょう。

二人で出かけていても、結局あきの話しばかりしている二人。部屋に戻ってからも、

「昨日はびっくりしたわ~」

と、昨夜の事件を反芻します。

「すごかったよね。あのヒャヒャヒャン、ヒャヒャヒャン、ヒャヒャヒャン!!!」

「他の柴犬もあんな風に悲鳴をあげるのかな?」

「調べて見たら?」

そこで早速ググってみることに。

柴犬、ヒャヒャヒャンで、検索!」

出てくるんでしょうか?どうなのか?!

「あ、出たよ!!」

「やっぱり居るんだ!」

「・・・あれ?」

「どうした?」

「これ、あきだったわ~」

何と、「柴犬、ヒャヒャヒャン」でヒットしたのはこのブログでした(笑)

 

www.uretano-shibainu.com

「うちの子出てきたよ!!!」

「やっぱり他の子はヒャヒャヒャンって言わないんじゃない?あきが特別?」

思わず二人で笑ってしまいます。

「あきちゃ~ん!!!もう、騒ぎすぎ!!!」

「まるで嘘泣きみたいな泣き方だったよね」

あきが居ても、居なくても、結局あきの話題で盛り上がる。

 

ああ、あの子は存在感ありすぎです!!!