これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 173

階段の上の文句言い その2

f:id:uretanonatsumu:20181113233703j:plain

階段を上り、怖くて下りられないと騒ぎ、一度迎えに来てくれたのに下りたくないとゴネてみて、また騒いで迎えに来てもらったあき。

今度こそ迎えに行った夫に抱っこされて下りて来るはずです。

「ほら、あきちゃんおいで!」

f:id:uretanonatsumu:20181113233717j:plain

待ち構えていたお迎えが来ました。さ、あき、早く抱っこされなさい!

と、ここで予想外の展開。いえ、半分ぐらいは予想していた展開に。

「アウーッ!!アウアウアウアウ!」

f:id:uretanonatsumu:20181113233744j:plain

再び遠吠え!

「もう、あきちゃん!ほらおいでって!」

『嫌よ!!』

f:id:uretanonatsumu:20181113233806j:plain

何、この反抗的な表情!!

「ほら、あき早く!」

f:id:uretanonatsumu:20181113233829j:plain

ちょっと首をかしげて居ますが、言われていることは絶対に分かっているはずです。

そして、何と

ツーン!!

f:id:uretanonatsumu:20181113233843j:plain

「あき!ほら早く!」

「ワンワン、ワンワンワンワン!!」

f:id:uretanonatsumu:20181113233911j:plain

『嫌よ、下りないったら下りないの!!』

f:id:uretanonatsumu:20181113233930j:plain

『嫌だもん、下りないもん』

伏せたよ!!この子!!

f:id:uretanonatsumu:20181113233946j:plain

何を拗ねてるの?あきちゃん。

「こんな子はもう知らないよ」

トントンと夫が階段を下りて来ました。

f:id:uretanonatsumu:20181113233958j:plain

「あきちゃん、もうバイバイだわ」

f:id:uretanonatsumu:20181113234022j:plain

我儘な子は放置に限ります。

「そこに居なさい」

パチン!

f:id:uretanonatsumu:20181113234044j:plain

より一層の孤独を味あわせて上げるべく、階段の電気も消して立ち去ります(笑)

 

さあ、電気も消されて一人になって、少しは懲りたかしら。少し経ってからそっと階段を覗きに行きます。

おや?チャレンジしていますよ?

f:id:uretanonatsumu:20181113234126j:plain

そーっと前足を下ろそうとしています。

f:id:uretanonatsumu:20181113234138j:plain

そろそろ、そろそろ一歩を踏み出そうとしています。ふふふ。頑張ってますよ。

f:id:uretanonatsumu:20181113234153j:plain

やっと一歩踏み出しました。

f:id:uretanonatsumu:20181113234207j:plain

今や自力でどうにかするしかないもんね、あきちゃん。

f:id:uretanonatsumu:20181113234218j:plain

1段目に両前脚が乗りましたが、そこから動けないようです。

f:id:uretanonatsumu:20181113234233j:plain

固まってる、固まってる。あ!私に気づいた!!

f:id:uretanonatsumu:20181113234244j:plain

まずった!!また戻ろうと考え始めてしまいました!!

f:id:uretanonatsumu:20181113234258j:plain

ああ、もう!頑張ろうとしてたのに、バックしようとしてます!!

f:id:uretanonatsumu:20181113234309j:plain

2段目に下りる気はもうなさそうです。

f:id:uretanonatsumu:20181113234321j:plain

匂いを嗅いでも何にもならないよ?あき。

f:id:uretanonatsumu:20181113234337j:plain

じーっとこっちを見始めました。これはもう、また頼って来るつもりです。

f:id:uretanonatsumu:20181113234353j:plain

『怖いもん。怖いんだもん。頑張ったもん。1段下りたもん』

f:id:uretanonatsumu:20181113234413j:plain

『だから、戻ってもいいんだもん!』

f:id:uretanonatsumu:20181113234431j:plain

あ~あ。また2階に戻ってしまいました。

f:id:uretanonatsumu:20181113234449j:plain

『ねえ、迎えに来てくれるんでしょ?』

f:id:uretanonatsumu:20181113234506j:plain

期待を込めた目でこちらを見ています。

「ワン!ワンワン!」

f:id:uretanonatsumu:20181113234533j:plain

吠え始めました。もう!!

「アウー!!!アウアウアウアウ!!」

f:id:uretanonatsumu:20181113234546j:plain

「あきちゃん、自分で下りて来なさい!」

「アウ!!ワンワン!ワンワン!」

f:id:uretanonatsumu:20181113234609j:plain

そして、緊張していたからでしょう。

ここで大きなあくびが!!

「ファ〜ァ!!!」

f:id:uretanonatsumu:20181113234649j:plain

ああ、もうこれはダメだ。

「あき、情けないなぁ」

f:id:uretanonatsumu:20181113234750j:plain

ここで完全待ちモードの伏せに入りました。

f:id:uretanonatsumu:20181113234805j:plain

「あき、ほらもう!」

再び夫が階段を上ります。

階段の上ではあきが大人しく待っています。どうやら今度は抱っこを本気で待っているようです。

f:id:uretanonatsumu:20181113234840j:plain

「あきちゃん!」

じっと待っています。

f:id:uretanonatsumu:20181113234853j:plain

内心は『やっと来てくれた!!』なんでしょうね、きっと。

もう、素直じゃないんだから!

f:id:uretanonatsumu:20181113234912j:plain

そして捕獲。

f:id:uretanonatsumu:20181113234927j:plain

姫抱っこで撤収。

f:id:uretanonatsumu:20181113234949j:plain

ぐずったダメダメあきが漸く1階に下りて来ました。全くめんどくさいったら!!

「あきちゃん、自分で下りられない子は上がっちゃダメよ!」

f:id:uretanonatsumu:20181113235021j:plain

まだまだこのやり取りは続きそうです。はぁ。。。。