これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 172

階段の上の文句言い その1

f:id:uretanonatsumu:20181112083554j:plain

あきが2階への階段に上れるようになって10日以上の時間が経過しました。気づくと2階に居るあき。すっかり「上ること」が彼女の「レクリエーション」になっています。

今もまた、勝手に一人で2階に上がって私たちを眺めています。

f:id:uretanonatsumu:20181112083610j:plain

私たちの目を盗んでは一人で2階に上がり、でも自力で下りられないのでじーっと私たちが気づいてやって来るまで待っているのです。

随分前からあきは待っていたようで、既にちょっとスネ気味のようです。

「あきちゃん、下りといで」

「ワン、ワオーン!!」

f:id:uretanonatsumu:20181112083624j:plain

『下りられないんだもん!』『みんな来るの遅いよ!!』がどうやら混ざっています。

「ワン!ワンワン!」

f:id:uretanonatsumu:20181112083638j:plain

「何あれ。めっちゃ文句言ってる」

「ほら、あきちゃん、下りなさい!」

散々文句を言いながら伏せました。

f:id:uretanonatsumu:20181112083656j:plain

じーっ

f:id:uretanonatsumu:20181112083712j:plain

「ほら、あきちゃん。見てないで下りて!」

「ワッワッ」

f:id:uretanonatsumu:20181112083728j:plain

「自分で上がったんでしょ?誰も頼んでないのに!あき!!」

文句を言うあきにこっちも文句で返します。

あきが立ち上がりました。

f:id:uretanonatsumu:20181112083741j:plain

「ほら、あきちゃん!」

ものすごーく物言いたげな顔でこっちを見ています。

f:id:uretanonatsumu:20181112083752j:plain

左右に揺れて、地団駄を踏むような動きを見せた後、再び伏せました。

f:id:uretanonatsumu:20181112083805j:plain

視線は私たちから全く外しません。不服そうです。

「あきちゃん。迎えに行かないよ?ほら、自分で下りて来なさい!」

粘っても私たちが動かないので、焦れてまた立ち上がりました。

f:id:uretanonatsumu:20181112083827j:plain

「ワン、ワン!ワンワン!!」

f:id:uretanonatsumu:20181112083839j:plain

「アウーッ!!アウアウ!!」

f:id:uretanonatsumu:20181112083850j:plain

また遠吠え。もう!!

「あき、うるさいよ!!コラ!!」

f:id:uretanonatsumu:20181112083905j:plain

怒られて不意に黙り込みました。でもすぐに・・・

「アウーッ!!」

f:id:uretanonatsumu:20181112083920j:plain

「アウアウ、アウアウアウアウ!!!」

f:id:uretanonatsumu:20181112083930j:plain

それはそれは長い文句を言っています!!!

「アウーッ、アウアウアウ、ワワワワ」

f:id:uretanonatsumu:20181112083951j:plain

もううるさい!!

「ワウーッ!!ワワワワ」

f:id:uretanonatsumu:20181112084005j:plain

全くも、この子は!!どれだけ文句言いなの!!!

「ワッ、ワッ!!」

f:id:uretanonatsumu:20181112084017j:plain

「ワンワン、ワンワンワン!!」

はぁ。。。『もう!下りたい、下ろして、なんで抱っこで下ろしてくれないの!』

の嵐です。勝手に上がっておいてからに!!

f:id:uretanonatsumu:20181112084030j:plain

そして不意に伏せる!

耳だけぴょこんと出てます。

f:id:uretanonatsumu:20181112084041j:plain

そして、どうしても私たちが気になるので顔をぴょこん。

f:id:uretanonatsumu:20181112084106j:plain

文句を言うだけ言って、どうやら私たちを待つつもりのようです。

流石に夫が動き出しました。

「あき、下りられないなら上っちゃダメでしょう」

f:id:uretanonatsumu:20181112084119j:plain

やって来た夫をじっと見ています。

f:id:uretanonatsumu:20181112084137j:plain

なんかチラッと見える前足が可愛いんですけど!

「あきちゃん、ほらおいで!」

f:id:uretanonatsumu:20181112084157j:plain

喜んですぐに立ち上がると思いきや。なぜか階段のヘリに顎をおいて見つめるばかり。

f:id:uretanonatsumu:20181112084212j:plain

何だろう、この『行きたくない~』みたいな反応。

f:id:uretanonatsumu:20181112084225j:plain

一体何が不服なんだ!!!

f:id:uretanonatsumu:20181112084237j:plain

「あき、下りないの?じゃあ、もうそこに居なさい!」

流石の夫もあきの態度を見て放置を決定。

あきを回収せず階段を下り始めます。すると・・・

「ワンワン!!」

f:id:uretanonatsumu:20181112084256j:plain

『え!!なんで!!迎えに来てくれたんじゃないの!!』

とばかりまた文句が始まりました!」

そして遠吠え。

f:id:uretanonatsumu:20181112084308j:plain

そして吠える。でも、何であなた伏せたまま文句言ってるの?

横着じゃないかしら💢

f:id:uretanonatsumu:20181112084325j:plain

「あき、うるさい!あきが下りなかったんでしょ?」

質問にはクッと首をかしげます。

f:id:uretanonatsumu:20181112084348j:plain

ああ、また前足の肉球が!!!困った子だけど可愛いっ!!

そして再び遠吠え。

「アウーッ!!!」

f:id:uretanonatsumu:20181112084405j:plain

「あき!文句言わない!!」

そこでまた黙ります。

f:id:uretanonatsumu:20181112084416j:plain

「迎えに来てもらったのに、下りたくないって言ったのあきだからね!」

f:id:uretanonatsumu:20181112084433j:plain

「ワンワン!ワンワンワンワン」

f:id:uretanonatsumu:20181112084447j:plain

『だって、抱っこしてくれるって思ってたんだもん!すぐに下りちゃうって思わなかったんだもん!』

「あきちゃん!もう、文句言わない!」

「アウーッ!!」

f:id:uretanonatsumu:20181112084503j:plain

何、この不毛なやりとり!!

再び夫が迎えに階段を上がり始めました。

「ほら、あきちゃん、下りよう!」

f:id:uretanonatsumu:20181112084516j:plain

今度こそあきは大人しく抱っこされるのか?

 

我々はあきに付き合って、もう何分階段にいるのか。全くもう、この文句言いな子は手がかかります!!!