これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 168

ルンバとの遭遇

f:id:uretanonatsumu:20181105085003j:plain

階段を上って2階へ行けるようになったあきが、また階段に足をかけて居ます。

「あきちゃん、2階に行きたいの?」

f:id:uretanonatsumu:20181105085021j:plain

じっと上を見つめるあき。先ほど帰宅した夫が着替えに2階に上がったのです。夫と一緒に居たいのと、上がれるようになったばかりの2階に興味津々なのとが重なり、階段を上ろうかなと考えている最中のようです。

f:id:uretanonatsumu:20181105085037j:plain

「あきちゃん、階段上っても下りられないでしょ?自分で下りられない子は上っちゃダメなんだよ」

私の言葉が分かるはずもなく。上をじっと見つめています。

f:id:uretanonatsumu:20181105085101j:plain

「あき、自分で下りられないんだったら上っちゃダメだからね!」

暇なあきとは違って私は夕飯の支度があるのでその場を離れます。

 

暫く後、あきの姿が見えないので階段を確認してみると・・・

f:id:uretanonatsumu:20181105085117j:plain

「あき!またあなた2階にいるの!」

上から私を見下ろしています。

「あき、下りといで!」

そう言っても私を見つめるだけで全く動きません。下りたくないのか、下りられないのか。間違いなく両方なのですが、チャレンジする事もしないあき。どうやらあの階段から落ちた記憶が災っているようです。

「ほら、あきちゃん、下りて!」

そう声をかける私の声が聞こえたようで、部屋から夫が出てきてあきを撤収。

f:id:uretanonatsumu:20181105085149j:plain

「自分で下りられないのに2階に来ちゃダメでしょ。あき」

当たり前のような顔をして抱っこされて下りて来ます。

f:id:uretanonatsumu:20181105085203j:plain

もう、甘えたなんだから!!!

 

あきはすっかり2階が気に入ってしまったようで、気づくと姿が見えないということが日常になってきました。

今もまた1階で見つけられないので2階かしらと階段に行って見ます。

「あきちゃん?」

すると、ひょこっと部屋から顔を出しました。またまた2階にいる夫を追って上ったようです。

f:id:uretanonatsumu:20181105085247j:plain

「また2階に居た!」

f:id:uretanonatsumu:20181105085312j:plain

なんだか馬耳東風みたいな顔をしています。全くもう。自分で下りられないくせにどんどん上っちゃうんだから!

f:id:uretanonatsumu:20181105085325j:plain

「あきちゃん、何してるの?」

私も2階に上がってみます。廊下から部屋に入ったあきは、夫に構って欲しいようで遊びモードに入っています。

f:id:uretanonatsumu:20181105085345j:plain

楽しそうに動いていますが、フローリングの床が爪痕だらけにならないかちょっと心配です。

f:id:uretanonatsumu:20181105085358j:plain

夫はルンバを動かす準備をしていたそうで、せっせと床の障害物を片付けています。

ルンバと言えば掃除機。掃除機といえばあきの敵。私が掃除機をかける度、あきはずっと怒って噛み付こうとしています。

「ルンバ動くとどうなるんだろうね」

「怒るかな」

そしてスイッチオン!ルンバから音がした途端、あきがやって来ました。

f:id:uretanonatsumu:20181105085416j:plain

自分で動き出したルンバにあきはちょっと及び腰。

f:id:uretanonatsumu:20181105085430j:plain

私が使う掃除機と違い、ルンバの動きは予測不可能。追いかけているつもりが、追いかけられている状態にもなるわけです。

f:id:uretanonatsumu:20181105085450j:plain

遊んでいるのか、怒っているのか。お尻をクッと持ち上げて構えていますが・・・

f:id:uretanonatsumu:20181105085507j:plain

もちろんルンバが反応を示す事はなく、あきは全くスルーされました。

「ワンワン!ワンワンワン!!」

f:id:uretanonatsumu:20181105085527j:plain

あ~あ。吠えちゃった。

「あきちゃん、吠えないの!」

アプローチも虚しく、ルンバはどんどん移動して行きます。

そして今度はあきが先回り。

f:id:uretanonatsumu:20181105085550j:plain

クルクル。クルクルブラシを回しながら掃除中のルンバ。

そしてずっと後を追ってはお尻を持ち上げているあき。

f:id:uretanonatsumu:20181105085621j:plain

「ウーッ!!ワンワン!」

f:id:uretanonatsumu:20181105085637j:plain

「あきちゃん、吠えても無駄だって。うるさいよ」

ちょっと慣れて来たのか、今度は噛んでみる気になったようです。

f:id:uretanonatsumu:20181105085659j:plain

でも相手は全く反応がない上に、変な音を立てながら回るばかり。また怖くなってちょっと離れて吠えています。

f:id:uretanonatsumu:20181105085717j:plain

その動きをじっと見つめて観察。

f:id:uretanonatsumu:20181105085728j:plain

そしてまた吠えて

f:id:uretanonatsumu:20181105085740j:plain

またお尻を上げてかまえる!

f:id:uretanonatsumu:20181105085802j:plain

そしてついに夫があきを捕獲。

f:id:uretanonatsumu:20181105085818j:plain

「うるさいよ、もう。ほら、下に下りるよ」

f:id:uretanonatsumu:20181105085837j:plain

2階に上がっては抱っこ撤収されるあき。でも2階にはまだ探索中の部屋はあるし、ルンバまでいるし、飽きないないよね、あきちゃん。

 

でも自力で下りられるようにならないと、一人前とは言えないのよ。早く下りられるようにならないとね。