これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 160

徹底的に邪魔してみました

f:id:uretanonatsumu:20181018192351j:plain

度々お伝えしているように、あきは私がピアノの練習を始めると邪魔をしてきます。初めの頃は、あまりに退屈で自分の尻尾を追い回し、思いっきり噛んだ挙句、悲鳴をあげるほどイライラしていましたが、最近は結構諦めて足元で寝る程度になっています。

 

が!今日はどうした事かピアノの椅子に座った途端あきが登場。

f:id:uretanonatsumu:20181018192404j:plain

「あきちゃん、下りて!ピアノ弾けないでしょ?あき!」

でもあきは全く気にせず、

『ねえ、遊ぼう?』

f:id:uretanonatsumu:20181018192424j:plain

私の膝の上で足踏みを始める始末。

ううう。どうしたんだろう。最近聞き分けがよかったのに。

「あきちゃん、遊ばない!下りて!」

f:id:uretanonatsumu:20181018192435j:plain

『何で?遊ぼうよ~』

f:id:uretanonatsumu:20181018192456j:plain

いやいや、遊びませんよ。今月末、いよいよピアノの発表会ですから。

「あきちゃん、下りて!」

『うーん・・・遊びたいのに』

f:id:uretanonatsumu:20181018192518j:plain

「下りて、下りて!」

漸く椅子から床に下ります。

f:id:uretanonatsumu:20181018192529j:plain

「あきちゃん、後で遊んであげるから」

f:id:uretanonatsumu:20181018192538j:plain

ちょっと可哀相になって顔をこちょこちょ。

f:id:uretanonatsumu:20181018192547j:plain

「あきちゃん、大人しくしててね」 

f:id:uretanonatsumu:20181018192630j:plain

「いい子ね」

f:id:uretanonatsumu:20181018192646j:plain

『遊べないの?遊びたいよ?ねえ』

f:id:uretanonatsumu:20181018192702j:plain

「練習しないといけないの。待ってて!」

f:id:uretanonatsumu:20181018192713j:plain

『じゃあ、ここで待ってる』

f:id:uretanonatsumu:20181018192728j:plain

漸く諦めてくれたようです。ブーブー(あきの豚のおもちゃのぬいぐるみ)が下敷きになってます。犠牲者1匹・・・

『待ってるよ?ここにいるからね?ここにいるよ?』

f:id:uretanonatsumu:20181018192748j:plain

「そうそう。そこで待ってて」

はぁ。漸く練習が出来ます。さ、練習練習。

f:id:uretanonatsumu:20181018192759j:plain

でも、数分経つと。。。

『まだ?』

f:id:uretanonatsumu:20181018192818j:plain

待てないかぁ~っ!!!無視しよう。無視に限る。

あきが私を見上げているのは分かっていますが、気づかないふりで練習しておこう。それしかない!

すると。。。

『ねえ!練習終わった?』

f:id:uretanonatsumu:20181018192838j:plain

「あき~っ!!!練習終わってない!待ってて!!遊ばないよ?」

すると一度私の膝から下りてボールを探しに行きました。あっという間に戻ってきて、再び私の膝の上に。

f:id:uretanonatsumu:20181018192903j:plain

「あきちゃん!!!ボールいらない!!私の腕、ホールドしない!!!」

ボールを押し付けながら、両手を私の右腕にギューギュー巻きつけています。

『遊んでよ~ボール投げて!!!遊ぼ、遊ぼうよ!!』

f:id:uretanonatsumu:20181018192957j:plain

私の右手はあきにがっちりホールドされています。。。

「あきちゃん、遊ばないよ。ボールいらないから。ほら、もう腕離して!!!ホールドしない!!!💢

f:id:uretanonatsumu:20181018193030j:plain

どうにか右腕をあきから奪還しましたが、この恨めしげな顔。上目遣いで見ないで~っ!!!

f:id:uretanonatsumu:20181018193047j:plain

『ねえ、もう練習やめる?』

懲りないあきは今度は手ぶらで椅子に乗っかってきました。

f:id:uretanonatsumu:20181018193114j:plain

「あきちゃん、下りて!遊ばないよ!」

すると・・・

カプっ!!

f:id:uretanonatsumu:20181018193142j:plain

えーっ!!!!!!!!

腕を噛むか!!!!!ここまでするか!!!!

甘噛みですけど、しっかり右手をカプリ。膝の上に前足を乗せてピアノが弾けないように右手を口でホールド!

f:id:uretanonatsumu:20181018193210j:plain

「あきちゃ~ん、びっくりだわもう。噛んじゃだめ!!!」

実力行使とはこの事です。全くもう~っ!!

「もう、あき!離せ!離して!!噛んじゃダメでしょ!!」

『いや~ん、遊ぶの~っ』

f:id:uretanonatsumu:20181018193249j:plain

いくらアプローチしても全く遊んでくれないので漸く諦めたのか、策が尽きたのか、それともフテ寝なのか。

f:id:uretanonatsumu:20181018193315j:plain

眠ってくれたのは良いのですが、しっかりペダルが踏みにくい場所で、ペダルを踏むたびあきはお尻が押される状態で横たわっています。

まったくもう。ピアノの練習は相変わらず一苦労です。。。。