これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 155

新しい遊び

f:id:uretanonatsumu:20181004165726j:plain

 

我が家の廊下には、父が取り付けた歩行補助用バーがあります。今は亡き母の足が弱った時に父が取り付けたものです。

 

現在このバーはあきの散歩用バッグかけと、父が使う雑巾干しになっています。(ちなみに、私が使う雑巾は天日干しです)

いつも私の後をついて回っているあきの姿が、先ほどからありません。どこにいるのかと思いながら廊下に出てみると・・・

f:id:uretanonatsumu:20181004165814j:plain

「あきちゃん!何してるの!!」

体が大きくなってバーの雑巾に届くようになったあき。お得意の壁にへばりつく、をして雑巾を取ったようです。

「雑巾取っちゃダメでしょう!」

f:id:uretanonatsumu:20181004165836j:plain

『なんで?』

首を傾げてこちらを見ました。

「それはあきちゃんのじゃないの。取っちゃダメよ!」

『次はこっちにしようかな』

f:id:uretanonatsumu:20181004165900j:plain

「あきちゃん、ダーメッ!!!」

怒られたあきは、うるさいな~もう、という感じでスタスタとその場を離れました

f:id:uretanonatsumu:20181004165912j:plain

向かった先は階段です。

f:id:uretanonatsumu:20181004165922j:plain

今日も1段目に手をかけて上を見上げるだけのあき。

「どうせ上れないくせに」

そう声をかけると、こんな表情で戻ってきました。

f:id:uretanonatsumu:20181004165934j:plain

「上れないんでしょ?」

余程2階が気になっているようで、また見上げるあき。今日もまだ上れないようです。

f:id:uretanonatsumu:20181004165949j:plain

その後、私が目を離している隙に、全ての雑巾を落としてしまいました。

どうやら、「落とす」という遊びのようで、それを持ってくるとか、振り回すということまではしていません。

 

仕方がないので、今度は全てバーに雑巾をくくりつけます。

f:id:uretanonatsumu:20181004170037j:plain

「もう取っちゃダメよ!」

『結ばれてる。。。』

f:id:uretanonatsumu:20181004170056j:plain

諦めたのか、洗面所に移動するあき。

f:id:uretanonatsumu:20181004170110j:plain

面白いので、ちょっと隠れて見ます。私が居なくなったらどうするのでしょうか?

思った通り、洗面所から出てきました。雑巾を見上げて攻略法を考えているようです。そっと覗くと、あっちからも覗き返してきました。

f:id:uretanonatsumu:20181004170126j:plain

「あきちゃん、ダメよ。見てるからね!」

『見てるかな~って思ってこっちも警戒してましたよ?』

f:id:uretanonatsumu:20181004170147j:plain

見られてるのならここにいてても仕方ない、というようにこちらに歩いてきました。

f:id:uretanonatsumu:20181004170200j:plain

何やら考えています。

f:id:uretanonatsumu:20181004170212j:plain

そして、やっぱり雑巾が気になるようでUターン。

f:id:uretanonatsumu:20181004170222j:plain

どうしても雑巾が取りたいようです。

f:id:uretanonatsumu:20181004170234j:plain

「あき、ダメだからね」

f:id:uretanonatsumu:20181004170248j:plain

そしてまた洗面所へ。

f:id:uretanonatsumu:20181004170302j:plain

床をふんふんやっているうちに、何やら拾って口をもぐもぐし始めました。

「あきちゃん!何食べたの!!」

f:id:uretanonatsumu:20181004170316j:plain

「ほら、アーンしてごらん!」

f:id:uretanonatsumu:20181004170328j:plain

人間の赤ちゃんと同じで、しょっ中あれこれ口の中に入れるあきは、私に口の中に指を突っ込まれるのに慣れています。口どころか、喉の奥から飲み込んだものを取り出されるのもしょっ中です。

「もう、悪いな~ダメよ!雑巾も、なんだか分からないのを食べちゃうのもダメなの!」

f:id:uretanonatsumu:20181004170416j:plain

雑巾はダメだな、と思ったあきは再び洗面所へ。今度は洗面所のタオルを見上げ始めました。座っているあきの前の剥がれた壁紙は、いつの間にかあきがめくって噛んだものです。

f:id:uretanonatsumu:20181004170429j:plain

このじっと見つめる姿。そして考えている雰囲気。何だか嫌な予感が。。。

f:id:uretanonatsumu:20181004170509j:plain

「あきちゃん、洗面所のタオルはもっとダメ!!」

f:id:uretanonatsumu:20181004170520j:plain

その後、予想通り私の目を盗んであきは洗面所のタオルを見事床に落下させました。

更に!廊下の結んだ雑巾も全て上手に結び目を解いて制覇しました。

廊下に散乱する雑巾。そしてしれっと眺めているあき。

 

あきの新しい遊び、スタートです。はぁ。。。。