これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 147

先輩犬Sちゃんと遊びたい!

f:id:uretanonatsumu:20180918135716j:plain

3月も末になり、遂に桜が開花しました。

春だな~と嬉しくなっている私を、全く!!桜に関心の無いあきが引っ張って行きます。

「あきちゃん、ほら桜だよ。綺麗ね~」

f:id:uretanonatsumu:20180918135442j:plain

と声をかけても全く止まらず!匂いを嗅ぐのに必死なクンクン探偵は、勿体無いことに地面しか見ていません。

 

今日もまた先輩柴犬Sちゃんのお家の前まで来ました。

あきの姿が見えた途端、縄張りの庭を守っているSちゃんが激しく反応して駆け出し始めました。

f:id:uretanonatsumu:20180918135730j:plain

あきもSちゃんに反応して、Sちゃんの近くに動き始めました。

f:id:uretanonatsumu:20180918135748j:plain

あ、構えてる!

どんどん近づいてくるあきに、Sちゃんは更にエキサイト。息を荒げて左右に揺れています。そんなSちゃんにあきは更に近づいて行きます。

f:id:uretanonatsumu:20180918135803j:plain

そして、遂にSちゃんのお庭の下の壁に寄りかかってあきが立ち上がりました!

f:id:uretanonatsumu:20180918135813j:plain

「あきちゃん、そんなにSちゃんが好きなの!!!」

今までは遠くから眺めてアウアウ言ってるだけのあきでしたが、遂にできる限り一番近い場所にやって来ました。

そんなあきをSちゃんは見下ろして怒っています。

流石に2本足で立ち上がるのは大変なようで地面に降りました。

f:id:uretanonatsumu:20180918135855j:plain

でも、すぐにまたチャレンジ!

f:id:uretanonatsumu:20180918135907j:plain

怒るSちゃん。そして必死に立ち上がるあき!

f:id:uretanonatsumu:20180918135918j:plain

怒っても全く怯まずひたすら見上げているあきに、Sちゃんはやりにくそうです。

Sちゃんに、「ごめんなさいね。まだ子供なの」って謝りたい気持ちになって来ます(苦笑)

f:id:uretanonatsumu:20180918135951j:plain

自分の限界まで2本足立していたあきが、ようやく地面に降りました。

f:id:uretanonatsumu:20180918140004j:plain

壁から離れたとはいえ、まだ立ち去らないあきに、Sちゃんが吠えています。

f:id:uretanonatsumu:20180918140017j:plain

再び壁に近づき、力を溜めて。。。

f:id:uretanonatsumu:20180918140029j:plain

壁に手をかけて。。。

f:id:uretanonatsumu:20180918140038j:plain

ビョーンと立ち上がる!

f:id:uretanonatsumu:20180918140050j:plain

そしてまたSちゃん激怒!!!

 

すると、後方から声が掛かりました。

「あら、Sちゃんが好きなのね!」

あきと私、見られていたとは全く気づいていなかった二人、ちょっと驚いて思わず振り返ります。

f:id:uretanonatsumu:20180918140116j:plain

先ほどまで我々が居た公園の歩道に散歩中の女性が立って居ました。

「まあ、同じ柴犬!Sちゃんが好きなの?」

「そうなんです」

「似てるわね~」

Sちゃんはこの公園を散歩している人には有名犬なようで、結構名前を知っている人が多いのです。

「遊びたくて仕方ないらしくって。物理的に無理なんですけどね」

しばらく女性の方を見ていたあきですが、またSちゃんが気になって来ました。

f:id:uretanonatsumu:20180918140147j:plain

そして、遂に耐えきれなくなって駆け出した!

f:id:uretanonatsumu:20180918140204j:plain

「あきちゃん!あ、さようなら!!」

挨拶もそこそこにまた壁の前へ。

「あき、そんなに駆け出さないの!」

f:id:uretanonatsumu:20180918140218j:plain

そしてまた壁の前で構えて・・・

f:id:uretanonatsumu:20180918140229j:plain

ビターン!

f:id:uretanonatsumu:20180918140243j:plain

壁にへばりつく!!!

f:id:uretanonatsumu:20180918140259j:plain

徐々にコツを掴んで来たのか、壁への張り付き時間が伸びて来ました!!!

f:id:uretanonatsumu:20180918140311j:plain

ちょっと地面に降りてすぐに構えて

f:id:uretanonatsumu:20180918140323j:plain

また壁にへばりつく!!

f:id:uretanonatsumu:20180918140335j:plain

そしてまた降りる。

f:id:uretanonatsumu:20180918140350j:plain

一体何回繰り返すの?あきちゃん!!

「もういいんじゃない?あきちゃん。散歩ずっとここで止まってるよ?」

f:id:uretanonatsumu:20180918140403j:plain

「ねえ、もう行こうよ。Sちゃんずっと怒ってるから」

f:id:uretanonatsumu:20180918140415j:plain

流石に飽きたかと思いきや、また方向転換してしまうあき。

f:id:uretanonatsumu:20180918140440j:plain

そしてまた壁の下へ。

f:id:uretanonatsumu:20180918140454j:plain

見上げる先にはSちゃん。

そしてまた壁にへばりつく!

f:id:uretanonatsumu:20180918140506j:plain

「あきちゃん、もういいから。行こうよ」

f:id:uretanonatsumu:20180918140519j:plain

必死に背伸びしてSちゃんに近づこうとしているあきですが、Sちゃんまでの距離はご覧の通り。

f:id:uretanonatsumu:20180918140533j:plain

どう頑張ったって届く訳がありません。

f:id:uretanonatsumu:20180918140548j:plain

あきはちょっとやそっとじゃ飽きません!諦めません!前から思っていましたが、正直、しつこいです!!!

というわけで、今も壁にへばりついて怒るSちゃんをじーっと見上げています。

f:id:uretanonatsumu:20180918140627j:plain

いい加減、Sちゃんが気の毒になって来ました。

「ほら、あきちゃん、本当に行くよ!!」

f:id:uretanonatsumu:20180918140647j:plain

まだ後ろ髪引かれ中のあきを今度こそ散歩に引き戻します。

f:id:uretanonatsumu:20180918140659j:plain

あきちゃん、あんまりしつこいとSちゃんに嫌われるよ。