これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 144

春がやって来ました

f:id:uretanonatsumu:20180906160147j:plain

3月も後半となり、公園の草原も緑色になってきました。

あきは相も変わらず草原をクンクン、クンクン。丁寧に、丁寧に匂いを嗅いで歩いています。

f:id:uretanonatsumu:20180906160156j:plain

あきちゃん、公園が随分綺麗な色になってきましたよ。地面ばっかり見ていないで、顔を上げたらどうですか?

f:id:uretanonatsumu:20180906160207j:plain

どんな顔をして匂いを嗅いでいるのか、カメラを向けたいのですが地面に顔を近づけたまま、どんどん歩くあきの前に回り込むことが出来ず。私から見えるのは後ろ姿ばかり。こっちを向いて、と言って見たところで、匂いの確認に夢中になっていて馬耳東風。振り向きもしません。

今日は、先輩柴のSちゃんの家の前に来ても草の匂いに夢中です。

f:id:uretanonatsumu:20180906160239j:plain

今日もSちゃんは庭をパトロール中で、あきがやって来たので、さっきから興奮して外周道路に面したフェンスを行ったり来たり。『またあの子供が来た!!!』と思っているのでしょうか。ハア、ハア言って駆け回ってるSちゃんを全く無視!してあきは木の根の匂いを確認中。

f:id:uretanonatsumu:20180906160251j:plain

駆けずり回っているSちゃんの音に気づいて、ようやくあきがちらっとSちゃんを見ました。

f:id:uretanonatsumu:20180906160313j:plain

反応するのかな?と思いきや、あっさりスルー。あれ?あきちゃん、Sちゃん気にならないの?まあ、良いですけどね。

 

公園を歩いていくと、雪柳が美しく咲いていました。

f:id:uretanonatsumu:20180906160326j:plain

珍しくあきが匂いを嗅いでいます。いつもは花なんか眼中にないのに。他の犬の匂いでもするのかしら。

更に歩いていくと、パンジーが咲いていました。

f:id:uretanonatsumu:20180906160343j:plain

春ですね~。そして今度は梅です!

f:id:uretanonatsumu:20180906160354j:plain

これから毎日変化していく公園が楽しみだね~と答えないあきに話しかけながら、今日はちょっと遠出して見ることに。

 

あきにとっては初めての道を進みます。

こうしてみると、随分立派な巻尾になりました。

f:id:uretanonatsumu:20180906160408j:plain

あきは赤柴ですが、白と赤毛の色合いがなかなか綺麗に出て来ました。

初めて散歩に出た頃には怖がっていたグレーチングも今や全く問題なし。

f:id:uretanonatsumu:20180906160418j:plain

段差があれば上りたがり、降りるのも自由自在です。

f:id:uretanonatsumu:20180906160427j:plain

初めての道を楽しんでいると、道に面したお家の庭に柴犬が現れました。

f:id:uretanonatsumu:20180906160502j:plain

じっとあきを見つめています。成犬の赤柴です。

見られている!と気づいたあきは、恐る恐る近づいて行きます。

f:id:uretanonatsumu:20180906160519j:plain

成犬柴はあっという間に門扉に移動。庭で放し飼いにされています。

f:id:uretanonatsumu:20180906160528j:plain

じっとあきを見ている先輩柴。そしてあきはそろそろ、そろそろと近づきます。

f:id:uretanonatsumu:20180906160539j:plain

そして不意に私を見ました。

f:id:uretanonatsumu:20180906160549j:plain

「あきちゃん、どうするの?行ってみるの?大丈夫そうよ?」

好奇心に負けたようにまた近づきます。

f:id:uretanonatsumu:20180906160559j:plain

ちょっと及び腰です。

f:id:uretanonatsumu:20180906160613j:plain

近づいて来てくれた先輩柴に、自分ができる精一杯の接近を試みます。

f:id:uretanonatsumu:20180906160624j:plain

先輩柴の迷子札を見ると、男の子でした。

不意に怖くなったようで、あきが後退。

f:id:uretanonatsumu:20180906160634j:plain

「あきちゃん、尻尾振ってくれてるよ?」

柴男子はあきを気に入ってくれたのか、門扉越しにあきを見て尻尾を振ってくれています。そしてまたあきが接近。

f:id:uretanonatsumu:20180906160646j:plain

お互いじっと見合っています。

f:id:uretanonatsumu:20180906160655j:plain

あきがちょっとお尻を持ち上げました。

f:id:uretanonatsumu:20180906160705j:plain

「あきちゃん、気になるの?」

f:id:uretanonatsumu:20180906160715j:plain

そして遂にお互い「鼻クン」をはじめました。

f:id:uretanonatsumu:20180906160726j:plain

ご挨拶出来たね、あきちゃん!

その瞬間、柴男子が

「ワン!!」

あ、吠えられた。。。

あきはさっと後退。

f:id:uretanonatsumu:20180906160741j:plain

まあ、相手のテリトリーですしね。吠えられても仕方ない。

でもあきちゃん、ご挨拶出来てよかったね。

 

少しずつあきの世界が広がって来ています。