これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 139

あき、何してるの?

f:id:uretanonatsumu:20180827115816j:plain

私がピアノの練習を始めると、あきは大抵私の足元にいます。

f:id:uretanonatsumu:20180827115829j:plain

ピアノを音を聴いているんだかいないんだか。遊んでくれないので仕方ないから寝てるのか、近くに居たいから満足して寝ているのか。

「あきちゃん、なんでそこにいるの?どこに行ってもいいのよ?」

f:id:uretanonatsumu:20180827115845j:plain

そう声をかけても

『もちろん、退屈してるけど、ここで待つの』

と思っているような顔でこっちを見るだけ。

とりあえずおもちゃを噛みます。

f:id:uretanonatsumu:20180827115916j:plain

ところが今日は、ピアノを弾き始めてすぐにあきが、サッ!と窓際に移動しました。

f:id:uretanonatsumu:20180827115941j:plain

何かを見つけたようです。

「あきちゃん、どうした?」

f:id:uretanonatsumu:20180827115956j:plain

振り向いたあきは、キリッとした表情のような気がします。

そして、次の瞬間立ち上がりました!

f:id:uretanonatsumu:20180827120012j:plain

夫が改装中の庭に面した窓にへばりつくあき!

f:id:uretanonatsumu:20180827120028j:plain

何やら夢中になっています。

二本足で立ち上がり、窓にへばりつく。。。これはもしかして虫?

あきが見上げているところを見上げると、黒い虫が窓ガラスに止まっていました。

「あきちゃん、虫が気になるの!」

f:id:uretanonatsumu:20180827120135j:plain

この姿!完全に捕獲モードです。親バカですが、この姿、可愛いっ!!

f:id:uretanonatsumu:20180827120151j:plain

本人は真剣ですが、必死に伸ばした手から虫までの距離は50cm以上。

ぴょんと飛び上がったところで、到底届かない距離です。

「あきちゃん、虫むし気になる?でも届かないよ?」

f:id:uretanonatsumu:20180827120208j:plain

と言ったところであきに分かるはずはなく。ガラス窓を必死でカリカリ引っ掻き始めます。

f:id:uretanonatsumu:20180827120219j:plain

まあ、ピアノの練習中、虫に夢中になってくれてたら静かでいいや、とあきをそのままにして練習を再開。

その間あきはずっとこんな感じで虫を眺めています。

f:id:uretanonatsumu:20180827120238j:plain

かなり時間が経ってからあきを確認すると、まだじーっと虫を眺めています。

暇だからとはいえ、かなりの気の長さです。というか、執念深い?

「あきちゃん、まだ虫見てるの?」

f:id:uretanonatsumu:20180827120251j:plain

すくっと立ち上がるあき。そしておすわり。

f:id:uretanonatsumu:20180827120303j:plain

この後ろ姿。すっかり柴犬らしくなりました。なかなかの背中です。

f:id:uretanonatsumu:20180827120316j:plain

あきの顔は見ての通りキツネ顔。柴犬に多く見られるタヌキ顔とは少し違います。顔は細長く、手足も非常に長く細身です。3月のこの時期よりも、8月の今はさらに手足が長くなって細身になりました。

そこで少し調べて見ることに。「面長」「額から鼻筋にかけてのラインが浅い」

「手足が長く細身」また、口を閉じていても犬歯が隠れないほど「歯が大きい」という特徴からして、あきは「縄文柴」系なのではないかと思います。毛が深くなる冬は、一時期タヌキ顔っぽくなったこともありましたが、この後夏にかけて毛が抜けると完全なるきつね顔になりました。とはいえ、まだまだ子供ですのでまた変化するのかもしれませんが、あきのお母さんは縄文柴の特徴を兼ね備えていました。

きつね顔、あきより浅い横顔のホリ、非常にスレンダーな体です。

この「縄文柴」というのは、縄文時代、縄文人に飼われていた「縄文犬」の特徴を受け継いでいることからついた名前だそうです。

 

それはともかく、本人は虫に夢中です。

f:id:uretanonatsumu:20180827120535j:plain

結局下から虫を見上げること1時間近く。あきは全く諦めませんでしが、虫が捕まってくれるはずはなく。空振りのまま終わったのでした。

f:id:uretanonatsumu:20180827120547j:plain