これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


かんたん美味しい 36

アフォガート

f:id:uretanonatsumu:20180820161552j:plain

 

「アフォガート」はイタリアのスイーツです。と書くと、何だか「作るのが大変そう」に聞こえますが、なんのことは無い。アイスのエスプレッソコーヒーがけです(笑)

 

正式には、「アッフォガート・アル・カッフェ affogato al caffè」です。この夏、私は時々無性に食べたくなり、自分で作って食べていました。

なにせ、する事といえば、コーヒーを作ってアイスにかける。これだけですから(笑)最近こんなのばっかり書いてますが、どれも美味しいです!

 

最初にアフォガートを食べたのは、コーヒー専門のカフェだったと思いますが、最初の感想は「甘くて冷たいアイスに、熱くて苦いエスプレッソが美味しい!!」でした。このギャップが美味しいのです。一度食べると、時々食べたくなる味です。

 

バニラアイスはお好きなもので。ハーゲンダッツで作ると、かなり濃厚でこれはこれでおススメです。「牧場しぼり」濃厚バニラもオススメです。

エスプレッソですが、私はエスプレッソ粉を普通のフィルターで落としています。

本当は、エスプレッソマシーンでエスプレッソコーヒーを作るべきでしょうが、そこは略式で!(持ってるけど面倒ですから。笑)

 


★材料★


バニラアイス:1カップ

エスプレッソコーヒー:50cc (普通のコーヒーを濃い目でもOK)

 


★作り方★


(1)エスプレッソコーヒーを入れる

f:id:uretanonatsumu:20180820161807j:plain

※ドリップフィルターですが、1杯分で使い捨てのものがあります。これは便利でおススメです。私は、小さな入れ物に1杯分のコーヒーの粉を入れて職場に持っていき、このフィルターで好きな味のコーヒーを楽しんでいました。

 

 

(2)器にアイスを入れる

f:id:uretanonatsumu:20180820161951j:plain

 

(3)アイスの周囲にコーヒーを注ぐ

f:id:uretanonatsumu:20180820162011j:plain

 


 

MEMO

 

★エスプレッソ粉について 

コーヒーはストレート派でしょうか?それともカフェラテ派でしょうか?私はカフェラテ派で、コーヒーには多めのミルクを入れないと飲めません。と言うわけで、コーヒーを選ぶ基準は「カフェラテに美味しいコーヒー」です。となると、深煎りコーヒーを選ぶことが多くなります。

「カフェラテに美味しいコーヒー」私のオススメは、「ラヴァッツァ LAVAZZA QUALITA ORO」「イリー illy ESPRESSO」です。両方ともイタリアのコーヒーです。飲めば分かりますが、コクと後味に感じる絶妙な甘さが癖になります。アフォガートのバニラ味との相性もとても良いです。

f:id:uretanonatsumu:20180820162110j:plain 「ラヴァッツァ」は1895年イタリア、トリノで創業の老舗です。イタリアでのシェア44%と一番飲まれているコーヒーです。日本のイタリレストランでも利用しているお店は多く、よく見かけます。

 

 

 

一方のイリーは、1933年イタリア、トリエステで創業。こちらはヨーロッパの街を旅していると「illy」マークを本当によく見かけます。日本でもillyのカフェを見かけます。日本でもメジャーですよね。

 

  

 

カフェラテが好きな方は、ぜひエスプレッソ粉をお試しください♪