これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 137

小さな大人

f:id:uretanonatsumu:20180820151320j:plain

あきが、お得意の開脚伏せをしています。魅力的な太ももと巻尾。そして、触ってみたくなる肉球!

というこの魅惑的な姿を見せている彼女に、魔の手が。。。

f:id:uretanonatsumu:20180820151352j:plain

あきに気づかれた!と思った夫は手の動きを止めました。そしてあきも牽制が効いたと思ったらしく、再び伏せの姿勢に。

f:id:uretanonatsumu:20180820151405j:plain

そこに夫の魔の手が。。。

f:id:uretanonatsumu:20180820151418j:plain

肉球と肉球の間の毛を触るとあきが一番くすぐったがるのを熟知している夫の指が、狙った場所をこちょこちょ。その瞬間!

f:id:uretanonatsumu:20180820151441j:plain

あきがバッ!と素早く足を隠しました!

さっきから夫の動きが危険だと察知していたあきが後ろを振り返ります。

f:id:uretanonatsumu:20180820151459j:plain

『ねえ、今くすぐったよね?』

f:id:uretanonatsumu:20180820151530j:plain

「あれ?あきちゃん、どうかした?」

しらを切る夫に呆れたのか、更に両足を隠してじっと耐えるあき。

f:id:uretanonatsumu:20180820151542j:plain

綺麗に両足をしまいました。

こうしてみると尻尾が立派になりましたね。

f:id:uretanonatsumu:20180820151554j:plain

『全くもう。すぐにくすぐるんだから💢』

と若干怒ってるようです。あきがフン!という感じで伏せました。

f:id:uretanonatsumu:20180820151614j:plain

『またくすぐったりしないでしょうね?』

f:id:uretanonatsumu:20180820151630j:plain

また牽制で夫を見るあき。顔が険しい気がします。。。

そしてまた懲りずに狙う夫。

f:id:uretanonatsumu:20180820151643j:plain

そろそろとあきに近づきます。

f:id:uretanonatsumu:20180820151655j:plain

次の瞬間、あきが立ち上がりました!

f:id:uretanonatsumu:20180820151707j:plain

しつこい夫に愛想を尽かして手が届かない場所に移動を決めたようです。

移った先はいつものリビング。

f:id:uretanonatsumu:20180820151724j:plain

やっと安心できると思っているでしょうが、そは問屋が卸しません!ってあきは何も悪いことしてないのに。ごめんね~あきちゃん。あなたが可愛すぎるのがいけないのよ~

今度は私があきをかまいます。

あきと一緒に移動してきた私を静観するあき。

f:id:uretanonatsumu:20180820151744j:plain

こうして見ると、冬毛が生えて随分立派になりました。顔の周りの毛ももこもこしていて、きつね顔だったのに、いまではタヌキ顔に見えます。

『もう、みんなしつこいよね~』

f:id:uretanonatsumu:20180820151813j:plain

あきが寝転がりました。

そんなあきの顔をチョン。

f:id:uretanonatsumu:20180820151828j:plain

左腕を曲げています。彼女はよくこのポーズを取りますが、気持ち良いんでしょうか?

「あきちゃん!お鼻、ブヒッ!」

f:id:uretanonatsumu:20180820151842j:plain

文字起こしすると、自分がいかに子供っぽいかが良くわかり、若干恥ずかしいですが💦文字通りちょっかいを出します。

『やめてよ~』

f:id:uretanonatsumu:20180820151907j:plain

そんな子供っぽい私に、あきは指を舐めてきました。

「あきちゃん、お手手なんで曲げてるの?」

f:id:uretanonatsumu:20180820151922j:plain

手を触られるのが嫌いなあきは甘噛みで抗議。

f:id:uretanonatsumu:20180820151935j:plain

再びあきの正面に手を持ってきます。

f:id:uretanonatsumu:20180820151952j:plain

不穏な動きをする手に、あきがまたそっと甘噛み。

f:id:uretanonatsumu:20180820152008j:plain

何かされるなと予想しているあきは私の手から目を離しません。

f:id:uretanonatsumu:20180820152021j:plain

そして再び

「あきちゃん、ブヒッ!」

f:id:uretanonatsumu:20180820152034j:plain

そして小さく噛み。

f:id:uretanonatsumu:20180820152049j:plain

「ブヒッ!!」

f:id:uretanonatsumu:20180820152108j:plain

仏の顔も3度までとはよく言ったもので・・・

『しつこい!!』

f:id:uretanonatsumu:20180820152132j:plain

遂にあきが怒りました(笑)でもまたすぐに元通り。

f:id:uretanonatsumu:20180820152149j:plain

でも、流石に気が短くなってきたようですぐに噛みモードへ。

f:id:uretanonatsumu:20180820152205j:plain

でも一瞬でまた元通り。

f:id:uretanonatsumu:20180820152227j:plain

なのでまたこちらも図に乗って今度は後ろ足をこちょこちょ。

f:id:uretanonatsumu:20180820152239j:plain

おや?あきさん、怒りませんね。

f:id:uretanonatsumu:20180820152252j:plain

なので、再び鼻を押して見るかと手を動かした途端

f:id:uretanonatsumu:20180820152306j:plain

『本当にもう、怒るよ!!!』

「あれ?あきちゃん。鼻になんかついてるよ?」

f:id:uretanonatsumu:20180820152352j:plain

こう言うと一瞬素に戻るのがあきの面白いところです。

でもハッと気づき、この表情に。

f:id:uretanonatsumu:20180820152602j:plain

『また鼻押すんでしょ!もう嫌なの!!』

 

夫婦共々しつこくしすぎてあきに嫌われたようです。

「ごめんごめん、あきちゃん。おもちゃね!おもちゃ!」

あきのお気に入りのおもちゃで、無理だろうな~と思いながら取り繕ってみました。すると・・・

f:id:uretanonatsumu:20180820152633j:plain

おや。今までの怒りは何処へやら。あっという間におもちゃの噛みに夢中になりました。この切り替えの速さ素敵です❤️我々ではなかなかこうは行きません。

f:id:uretanonatsumu:20180820152722j:plain

可愛らしくおもちゃを舐めています。

それにしても、我々二人、可愛いっ!とあきをかまいすぎて嫌われないように気をつけねば。

 

こうして見ると、あきが一番大人かもしれません。