これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 123

あきの手術 その1

f:id:uretanonatsumu:20180720110747j:plain

遂にあきの避妊手術の日がやって来ました。病院には11時までに入ってくださいと言われています。全身麻酔なので、朝食は抜きです。

今日が手術だとは分かっていないあきはいつも通りですが、私はソワソワ。基本的に長時間のお留守番をしたことがないあきが、一人で獣医さんに預けられ、全身麻酔をして、手術をし、迎えに来てもらうまで獣医さんのケージの中で一人で居ると思うと、大丈夫かしらこの子、と心配なのです。麻酔から覚めて一人、が一番心配なポイントです。

 

「あきちゃん、出かけるよ!」

散歩だと思ったあきは喜んで玄関へ。リードをつけられて、お散歩、お散歩!と思っているようですが、お散歩バッグにトイレの用意も持って、しかも抱っこになったところから、「あれ?」と思ったようです。

抱えられたまま駐車場に向かい、車に乗せられた頃には嫌な予感がして来たようです。

「あきちゃん、お出かけよ~」

あきは、近くの獣医さんだなと思ったようですが、今回は車で1時間はかかる遠方の獣医さんへの移動です。

今まで何度か書いていますが、あきは動物愛護団体から譲渡してもらった保護犬です。

 

www.uretano-shibainu.com

あきのお母さんが交通事故にあい、保健所に収容されてから生まれて来たのがあきを含む子犬3匹でした。後に知ったのですが、あきのお母さんは骨盤を骨折していたにもかかわらず、子犬3匹をちゃんと育てた驚くべき犬です。、

彼女は子犬3匹が貰われていった後、手術を受けて今は自身の里親さんを待っています。

あきは、避妊手術を受けることが譲渡条件の一つでした。譲渡時にすでに避妊手術代は支払済みで、病院も決まっています。という訳で、久々にあきを下さったエンジェルズさんの近くまでの移動となりました。

目的地は、大阪万博公園の近くです。朝あきを預け、夕方5時ごろに迎えに来てくださいということです。私たちはあきの手術が終わるまで、万博公園エリアで時間を潰す予定です。

 

車に乗せられると「病院」という認識のあきにとってドライブは全然楽しくないもの。乗っても落ち着かず、助手席の私の膝の上でソワソワ。

f:id:uretanonatsumu:20180720110714j:plain

漸く落ち着くと、今度は車の観察です。

f:id:uretanonatsumu:20180720110815j:plain

あきは車が大好きなのです。動くものを追いかけたい狩猟犬の本能でしょうか。あきのお母さんが交通事故にあっているので、我が家では車は本当に要注意ということになっています。

初めて我が家に向かうドライブの時でもそうでしたが、とにかく窓から外を眺めます。

f:id:uretanonatsumu:20180720110840j:plain

初日のドライブでは車が止まると夫のハンドルを握る手に手をかけたがりましたが、それはしなくなりました。

とりあえず私の膝の上に留まっています。

f:id:uretanonatsumu:20180720110858j:plain

漸く病院に着き待合室へ。初めて来る場所にあきは緊張の面持ちです。他の犬の匂いがするのでしょう。ソファーの匂いをクンクン。

f:id:uretanonatsumu:20180720110914j:plain

入念に確認しています。

f:id:uretanonatsumu:20180720111002j:plain

他の犬が入って来たので、夫が膝の上に抱き上げました。

f:id:uretanonatsumu:20180720111025j:plain

あきも私たちも緊張しています。

f:id:uretanonatsumu:20180720111045j:plain

「あきちゃん、頑張るんだよ!」

f:id:uretanonatsumu:20180720111103j:plain

これから一人にされるとは思っていないあき。いつもの獣医さんの順番待ちだ、ぐらいに思っているようです。

f:id:uretanonatsumu:20180720111123j:plain

名前を呼ばれて、いよいよ診察室へ。譲渡時に見かけた獣医さんと久々に会います。

「この子は何という名前になったんですか?」

「あきです」

あきにとっては生まれた時から見てくれていた先生と久々の対面ですが、多分覚えていないでしょう。

「それでは、血液検査とレントゲンを撮りますね」

まずは注射。あきは基本的に注射では騒がないので速やかに完了。そして、レントゲンを撮る為、先生に抱えられて別室へ。

終わった後、しばらく待合で待っててくださいと言われ再びソファーへ。

f:id:uretanonatsumu:20180720111256j:plain

こちらの緊張が伝わっているのか、いつもと違うことを察知しているのか、緊張した面持ちのあき。

f:id:uretanonatsumu:20180720111318j:plain

夫の膝の上のあきは随分大きくなりましたが、まだまだ子供だなと思わされます。

f:id:uretanonatsumu:20180720111333j:plain

緊張して息が上がっています。はあはあ言い出しました。

再び診察室に呼ばれます。

「血液検査の結果ですが、健康です。問題ありませんね。各項目評価は全部Aです。レントゲンですが、骨も内臓も問題無いです」

「良かったね、あきちゃん!」

診察台の上で更に緊張しているあきを撫でてあげます。

レントゲン写真を一緒に見ましたが、綺麗な骨が並んでいます。

「健康体です。それでは、お預かりしますね」

遂にこの時がやって来ました。ここからはあき一人です。先生に抱えられて別室へ移動するあきを見送ります。

 

夕方まであきには会えません。

「あきちゃん、頑張れ!」

二人で車に乗り込み万博公園へ移動。

昼食を食べ、ショッピングモールをまわってもまだあきのお迎えの時間にはならず。歩き疲れてフードコートへ。窓からは「太陽の塔」が見えます。

f:id:uretanonatsumu:20180720111421j:plain

クワアイナのパンケーキの生クリームの量に圧倒されつつ、時間潰しのティータイムです。

f:id:uretanonatsumu:20180720111443j:plain

「あきちゃん、大丈夫かな。もう終わったかな。あきが大変な時にこんなパンケーキ食べてるって知ったら怒りそう(苦笑)早く会いたいなぁ。。。」

「中々お迎えの時間にならないね。。。」

 

傍目では呑気にお茶をしているようにしか見えませんが、実は気を揉みながら、お迎え時間を待つ二人でした。