これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 119

深すぎる眠り

f:id:uretanonatsumu:20180710232335j:plain

あきが無防備な姿で眠っています。安心しきっていて全く起きる気配がありません。

f:id:uretanonatsumu:20180710232358j:plain

よく見ると、右耳が折れて頭の下に入り込んでいます。

「あきちゃん、お耳入っちゃってるよ」

f:id:uretanonatsumu:20180710232417j:plain

敏感な耳を触られたら起きそうなものですが、全く起きる気配なし。

f:id:uretanonatsumu:20180710232429j:plain

犬のくせに何この油断!!でも、そんな子に育ててしまったのは私ですからしょうがない。

なんとも気持ちよさそうに深い眠りの中にいます。

f:id:uretanonatsumu:20180710232453j:plain

余りに起きないので、ちょっと胸を撫でて見ましたが、気持ちよさそうにしているだけで、全く目は開けません。

f:id:uretanonatsumu:20180710232506j:plain

どれだけ眠たいの!!と少々呆れてしまいますが、成長期ですから、眠たいんでしょう。これで目が醒めるとまた大暴れなので今はそっとしておきましょう。

 

そしてその夜。眠りの深いあきに悪戯をする不届き者が出没しました。

座布団の上で気持ちよく眠っているあきの足に忍び寄る魔の手が!

f:id:uretanonatsumu:20180710232525j:plain

夫が自分の孫の手であきの肉球をこちょこちょ。夫はあきの肉球をくすぐるのが大好きなのです。かわいそうにあきちゃん。今日は夫の指じゃなくて孫の手でくすぐられています。

肉球を触られたあきは、ビクッとなったものの、目は覚まさずに足だけ避難。

f:id:uretanonatsumu:20180710232551j:plain

足の裏をコタツ布団にくっつけるようにして足裏の守りに入りました。

でも再度あきに魔の手が。。。

f:id:uretanonatsumu:20180710232603j:plain

急いで逃げる肉球!でもあきは起きず!

f:id:uretanonatsumu:20180710232616j:plain

その様子を見て笑いながら再度孫の手を伸ばす夫。

f:id:uretanonatsumu:20180710232628j:plain

「もう!寝てるんだからやめてあげたら」

「だって、可愛いんだもん」

くすぐられたあきはさっきより大きく足を動かしました。

f:id:uretanonatsumu:20180710232645j:plain

「うーん・・・ここまでされてもまだ起きないよ、この子」

下半身だけ動かして、未だ上半身は眠りの中です。

そんな状態なのでまた夫は調子に乗って再度こちょこちょ。

f:id:uretanonatsumu:20180710232658j:plain

流石に今度は目を覚ましました。

f:id:uretanonatsumu:20180710232715j:plain

「ほら~あきちゃん、怒っていいよ、もうやめてって言いなさい!」

f:id:uretanonatsumu:20180710232728j:plain

今度こそ起きるだろうと思ったのですが、足を隠してあっという間に眠りの国へ。

えー!!まだ寝るの?!

f:id:uretanonatsumu:20180710232741j:plain

ここで寝たらまた餌食にされちゃいますよ?あき、逃げなくていいの?

f:id:uretanonatsumu:20180710232752j:plain

ほら、また言わんこっちゃない。再度あきの肉球に魔の手が。

f:id:uretanonatsumu:20180710232809j:plain

そしてまたうっすら目を開けるあき。

『もう~さっきからくすぐったいなぁ』

f:id:uretanonatsumu:20180710232835j:plain

『寝るとなんか足に触るんだよね。おかしいなぁ』

f:id:uretanonatsumu:20180710232850j:plain

今度こそ起き上がると思いきや、再びゴロンと横になりまた眠りの世界へ。

f:id:uretanonatsumu:20180710232904j:plain

「あきちゃん、起きないとまたくすぐられるよ?」

f:id:uretanonatsumu:20180710232931j:plain

夫も相当しつこいです。。。はぁ。。。

『いい加減にしいや?💢』

f:id:uretanonatsumu:20180710233001j:plain

遂にあきの目が怒りの眼差しに!!!怒り爆発か?!と思った途端

f:id:uretanonatsumu:20180710233022j:plain

えーっ!!!寝ちゃうの?!

『足隠しておいたら大丈夫』

f:id:uretanonatsumu:20180710233048j:plain

いやいや、あなた。また狙われますよ?

f:id:uretanonatsumu:20180710233104j:plain

ほら!やっぱりまた!!

『もう!くすぐったい!!』

f:id:uretanonatsumu:20180710233123j:plain

あきが足を蹴り蹴り。もういいかげんやめてあげたらいいのに。

f:id:uretanonatsumu:20180710233138j:plain

「やめてあげて!!もう!!」

あ、遂に起きるか?!

f:id:uretanonatsumu:20180710233155j:plain

『いい加減、やめてくれますか?』

 

f:id:uretanonatsumu:20180710233304j:plain

あきが私の顔を見上げました。

「いやいや、あきちゃん。私じゃないから!!こっちこっち!」

と夫を指さします。

f:id:uretanonatsumu:20180710233321j:plain

『本当、やめてくれますか?💢』

今度は夫の顔を睨んでいます。そうよ、そう。あきちゃん、こそばしてたのは私じゃないのよ。

『寝てるのに、本当もうしつこい!!!💢』

f:id:uretanonatsumu:20180710233355j:plain

この恨めしげな顔。

f:id:uretanonatsumu:20180710233410j:plain

と、ここで大欠伸。

f:id:uretanonatsumu:20180710233424j:plain

『あ~も~眠い・・・』

f:id:uretanonatsumu:20180710233442j:plain

あきは夫の手が届かない場所に移動することもなく、再び眠りについたのでした。

日中もよく寝ているのに、あきの睡眠力には驚くばかりです。