これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 110

甘え上手なんです

f:id:uretanonatsumu:20180625162537j:plain

父の膝に顎をのせてあきが眠っています。

f:id:uretanonatsumu:20180625162552j:plain

あきを起こしたくない父はさっきからじっとしています。そろそろ足が痺れる頃かと思うのですが・・・

f:id:uretanonatsumu:20180625162611j:plain

あきはスヤスヤ。そして父はそんなあきを「かわいいな~」という顔で見つめています。どうやら見ていて飽きないようです。

父はすっかりあきにメロメロになっています。本人に言ったら否定するかもしれませんが、とにかく可愛くて仕方がないようです。破顔一笑してあきを見ている姿を何度も目撃しています。まあ、この顔で膝の上で熟睡されたら、誰でもそうなってしまうかもしれません。

 

目が醒めると、今度は私の膝の上に顔をのせてコタツに入リました。

f:id:uretanonatsumu:20180625162827j:plain

私もあきを邪険に下ろす気にはなれず、重たいなぁと思いながらじっとしてあげます。ああ。。。。みんなあきに甘すぎる。

 

帰宅した夫には手を舐めて甘えます。我が家に来た頃は余り我々の体を舐めなかったあきですが、最近特に夫を舐めるようになって来ました。

今も目を瞑ってうっとりと手を舐めています。

f:id:uretanonatsumu:20180625162914j:plain

そんなあきを撮影した途端、またカメラ目線!

f:id:uretanonatsumu:20180625162926j:plain

撮られてるけど、ま、いいかと思ったのか、前足を夫の膝にのせたまま、また手を舐め始めました。

f:id:uretanonatsumu:20180625162951j:plain

この手を舐めるというのはどんな意味があるのか。調べたところ、遊んでという催促や安心している状態の表れということですが、この恍惚の表情からすると、あきが感じているのは安心でしょうか?遊んで欲しい時には分かりやすくおもちゃを持ってくるか、袖を噛んでみるかするあきです。

f:id:uretanonatsumu:20180625163037j:plain

舐め始めてからかなり経っていますが、まだ懸命に舐め続けています。

こうして横から見てみると、尻尾が綺麗に巻いています。体も長くなって来ました。

f:id:uretanonatsumu:20180625163343j:plain

ひとしきり手を舐めて、ちょっと落ち着いたのでしょうか。

f:id:uretanonatsumu:20180625163353j:plain

「あきちゃん、分かったよ。分かった。ありがとうね」

夫があきに話しかけます。

f:id:uretanonatsumu:20180625163405j:plain

すると今度は場所を襟にかえてぺろぺろ。

f:id:uretanonatsumu:20180625163422j:plain

「あきちゃん、あきちゃん。もういいよ、分かった分かった」

f:id:uretanonatsumu:20180625163437j:plain

ついに口周りに移動。ひたすら舐めています。うーん。この舐める、という行動。私や父にもしないことはないのですが、ここまで丁寧に舐めらたことはありません。とにかく一番の対象は夫なのです。

そういえば、初めてのご飯の催促で口を舐められたのも夫でした。

犬が口を舐めるのは、「目上の者への敬意」「ご飯の催促」と言われています。

ということは、これは夫への敬意の行動なのでしょうか。それとも、しょっぱくて美味しいとか?(笑)

f:id:uretanonatsumu:20180625163534j:plain

「分かった。もう分かった。ありがとうね。あきちゃん」

お礼を言いながら、流石に舐められすぎて少々困り気味の夫。あきにとってのボスは彼なのでしょうか。でも、怒られてあきが一番文句を言って抵抗する相手も夫なのです。むしろ私に怒られるのが一番こたえるようです。うーむ。

あきの家族ランキングは良く分かりません。

 

でもまあ、それぞれに少し違ったアプローチで「ああ可愛い!!」と思うコンタクトをとってくるあき。

甘え上手であることは間違いないようです。