これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 102

ただいま、あきちゃん

f:id:uretanonatsumu:20180611131431j:plain

京都旅行から帰宅し、飛びつかれても良い洋服に着替えてから、あきが待つリビングのドアをそっと開けました。

ドアの前には私を待ち構えていたあきがいて、早速飛びついて来ます。

f:id:uretanonatsumu:20180611131456j:plain

私が帰宅した時点で帰って来たことが分かっていたあきは、私がなかなか会いにこないので、ずっとキュンキュン鳴いていました。最近では、自宅駐車場に車を入れた瞬間から帰宅を察知するようになりました。車を下りると、もうあきの鳴き声が聞こえてくるのです。着替えている間も私を呼ぶような声で鳴き続けていたので、「待って待って」と答えながら着替え、漸く対面となったのです。

 

「ただいま、あきちゃん!」

キューキュー、ピーピー鳴きながら大歓迎のあき。動きすぎて顔がよく見えません。勢い余って一度離れてぐるっとひとまわり。

f:id:uretanonatsumu:20180611131602j:plain

そしてまた耳を後ろにやって飛びかかって来ます。

f:id:uretanonatsumu:20180611131614j:plain

「寂しかった、寂しかったの!分かった分かった!ごめんね。寂しかったね!!」

f:id:uretanonatsumu:20180611131628j:plain

「あきちゃん、いい子にしてた?」

f:id:uretanonatsumu:20180611131641j:plain

と、ここら辺から徐々に歓迎のどさくさに紛れて噛んでやる!モードへ。

f:id:uretanonatsumu:20180611131654j:plain

「あきちゃん、噛まないの!!」

 

f:id:uretanonatsumu:20180611131730j:plain

あああ。もう完全に噛み噛みに入ってしまいました。

f:id:uretanonatsumu:20180611131741j:plain

「あきちゃん、分かった分かった!もう分かったよ!」

f:id:uretanonatsumu:20180611131752j:plain

飛びかかってぴょんぴょんしながら噛みモードに突入。い、痛いっ!!

「ほら、もう分かったから。いい子、いい子!」

f:id:uretanonatsumu:20180611131803j:plain

こうなったらもう床に寝かして顔の両側を両手で挟んで、歯が届かず噛めないようにしてから撫でてあげるしかありません。

暫く仰向けにしたあきを撫で回してあげて、ようやく「お帰りの儀式」は収束。嬉しいけど疲れます(笑)

 

帰宅したのはもう夕方。散歩に行くには疲れたなんて言ってられません。

「あきちゃん、あきちゃん!」

f:id:uretanonatsumu:20180611131845j:plain

「あきちゃん、お散歩行く?」

f:id:uretanonatsumu:20180611131902j:plain

と聞かれたあきは、もちろんこの反応!

f:id:uretanonatsumu:20180611131915j:plain

『行く行く行く!行きたいです!!』

f:id:uretanonatsumu:20180611131929j:plain

「あきちゃん、お散歩かな?」

「ワンワン!!ワンワンワンワン!!」

f:id:uretanonatsumu:20180611132029j:plain

この顔!

『ねえ、お散歩でしょ?お散歩連れてってくれるんでしょ!!』

f:id:uretanonatsumu:20180611132043j:plain

「あきちゃん、行こうか!」

「アウーッツ!!」

f:id:uretanonatsumu:20180611132059j:plain

もう待てないあきは、私がコートを羽織る間も私から離れません。

f:id:uretanonatsumu:20180611132122j:plain

コートを着終えると、すぐにドアに向かいます。

f:id:uretanonatsumu:20180611132136j:plain

『行くよ!行くよ!早く早く!!開けてよ、開けて!』

「分かったよ、あきちゃん!」

f:id:uretanonatsumu:20180611132149j:plain

散歩でこれだけ喜んでくれると、頑張りがいもあるというもの。

夜の帳が下りる前に、散歩に行きましょうね、あきちゃん。