これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


私のおすすめ 3 (丸新本家 湯浅醤油 金山寺たまり 九曜むらさき200ml )

丸新本家 湯浅醤油 金山寺たまり 九曜むらさき200ml 

f:id:uretanonatsumu:20180516120422j:plain

丸新本家 湯浅醤油 金山寺たまり 九曜むらさき200ml 最高金賞の刺身しょうゆ☆減塩

 

ある日父が言いました。

「美味しい醤油で刺身を食べたい!」

 

と言われましても、醤油は色々ありますが漠然としたこの希望をどうしろと?

いつものお醤油じゃダメなのか。。。お醤油って一度買うと、すぐに無くなりようなものではなく、結構リスキーなものというか、しばらく使うようになるものだし。うーむ。どうしたもんかなぁと思っていた矢先、テレビでお醤油の紹介をしていました。

 

昔ながらの製法で作られたこだわりのお醤油。確か、日本に外国人を招待して製造工程を見せるという番組だったと思います。丁寧に作られるその過程を見て

「ここの醤油を買ってくれ!!」

とリクエストが入り、父のGoogle兼Amazonである私が動くことに。

余談ですが、我が家では父がテレビで何かを見て「これ買ってくれ!」と一言言うと、数日後にはその実物が届いているという、魔法のような事がよく起こります。もちろんそこには「私」という手足がいるわけですが(苦笑)

 

早速ネットで「丸新本家株式会社」と「湯淺醤油」をキーワードに検索してみると出てきました。良かった良かった。今回も無事探し当てました。頼むから父が満足する味でありますように。でないと、また醤油を探す旅が始まってしまいます。。。

 

早速取り寄せてみると、時々あるあの「たまりの甘すぎる味」ではなく「コクのある旨味」のたまり醤油で、とても美味しい!

お刺身はもちろんのこと、わさびをつけたステーキにも合うのです!

「これは美味い!!」

父も気に入り丸くおさまりました。丸新本家さん、ありがとう!!

 

以来、我が家ではこの「金山寺たまり 九曜むらさき」が常備されるようになりました。

 

さて、このお醤油ですが「モンドセレクション金賞・最高金賞受賞」とありますが、まあ、それは目安として(笑)本当に美味しいです。

 

金山寺味噌の製造過程でわずか3%しか採れない希少な溜まりを素材にした減塩醤油(通常の濃口醤油と比較して18%減塩)だそうです。まったく減塩とは感じ無いどころか、かえって濃く感じるのは、旨味がなせる技なのでしょうね。

 

日本の調味料は本当かなりの優れものですが、その中でもこの「金山寺たまり 九曜むらさき」は普通の食材をグレードアップしてくれています。

 

美味しいお醤油が食べたいと思ったら、一度ぜひお試しください!