これ嬉し これ楽し

「うれたの」へようこそ。このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです。あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます。※記事URL変更に伴いNot Found表示が出る場合があります。お手数ですが、最新記事のカテゴリーをクリックして探して見てください!

「うれたの」へようこそ

このブログは柴犬あきとの生活を始めた筆者の日々の「嬉し」「楽し」のNoteです
あきとの生活、食、旅、アート、音楽、本、映画などをご紹介していきます

※記事URL変更に伴い、検索サイトからのリンクが「Not Found」になリます。
 記事はありますので、最新記事からか、カテゴリーからリンクして見てください!


柴犬あきとの生活 54

初めてのおやつ

f:id:uretanonatsumu:20180402090518j:plain

ペットグッズ売り場に行くたびに気になっていた犬用おやつ。早くおやつを使って色々教えたいなぁと思って見ていましたが、残念ながらどのおやつの袋にも「生後3ヶ月から」の表示が。3ヶ月、3ヶ月と思って過ごし晴れて3ヶ月がやってきました。

どれにしようかな〜最初だしなぁと選んだのは犬用乳ボーロでした。普段からあまりドッグフードに熱心じゃないあきですので、おやつでお腹がふくれては大変。というわけで、小粒なおやつをセレクト。

 

袋から5粒ほど取り出し、あきを呼びます。

f:id:uretanonatsumu:20180402090549j:plain

「あきちゃん、あきちゃん。いいものあげようか。おいで!」

なになに?とあきが前まできました。

「ほら〜。あきちゃん、これなにかな?」

ふんふん、ふんふん匂いを嗅いでいます。そして

「美味しい口しちゃうの!」

あきがぺろっと自分の唇を舐めました。欲しい食べ物があると必ずあきがする「美味しい口」です。

 

「あきちゃん、はいどうぞ」

初めてなのでとりあえず味見させてあげましょう。もらったあきはパクッと食べるかと思いきや、一旦口に入れてから床に転がし、そしてまた口に入れてようやく食べ始めました。さすが用心深い!

カリカリと良い音をたて、食べ終わった瞬間

『美味しい!!!!!』

となったようで、スイッチが入ったようにもっともっととなります。

やっぱりね〜乳ボーロ大好きだと思ったのよ。

ここで夫にバトンタッチ。もう夫しか見ていません!

f:id:uretanonatsumu:20180402090619j:plain

「あきちゃん、おすわり!」

f:id:uretanonatsumu:20180402090631j:plain

早いおすわりだな〜(笑)ご飯の時の2、3倍のスピードでスタッとあきがおすわりしました。わかりやすい!!!

真剣なあきに夫が教え込もうとします。

「あきちゃん、これがお手」

f:id:uretanonatsumu:20180402090753j:plain

突然手を持たれてちょっとびっくりしています

f:id:uretanonatsumu:20180402090646j:plain

「こっちがおかわり。覚えてね、あきちゃん」

f:id:uretanonatsumu:20180402090807j:plain

柴犬に多いようですが、あきは手を触られるのが苦手。でもお手とおかわりは教えねば!「はい、よし!」

f:id:uretanonatsumu:20180402090824j:plain

手のひらの乳ボーロをようやくもらえました。

f:id:uretanonatsumu:20180402090835j:plain

もう食べちゃったのかと思いきや。。。

f:id:uretanonatsumu:20180402090851j:plain

あれ?まだ口の中にあったの?また一旦出して様子を見てるようです。用心深すぎ!!!(笑)

何度かこのやり取りを繰り返し、予定していた乳ボーロ5個はなくなりました。

「あきちゃん、おしまい!」

f:id:uretanonatsumu:20180402090920j:plain

『えーっ。もっとないの?』

あきちゃん、積極的!

f:id:uretanonatsumu:20180402090946j:plain

 『もっとあるでしょ?ねえねえ』

f:id:uretanonatsumu:20180402091013j:plain

「ほら、おしまい!無いでしょ?」

両手を見せるとくんくん、くんくん匂いを嗅いでいます。

f:id:uretanonatsumu:20180402091033j:plain

『ねえ、おすわりしたよ?』

「あきちゃん、終わり。美味しかったね!またあげるから」

それでもあきは諦めきれないようで。。。

『ねえ、さっき乳ボーロの袋、あの棚の上においたよね?』

f:id:uretanonatsumu:20180402091053j:plain

『まだあそこに沢山あるの知ってるんだ』

f:id:uretanonatsumu:20180402091115j:plain

「あきちゃん、終わりよ!おしまい!」

と声をかけるも、棚の下から見上げてまだ名残惜しそうにしています。賢すぎる!!ちゃんと見てます。本当によく観察しています。ああ、ついに棚に手をかけました。

「あきちゃん、おしまい!」

f:id:uretanonatsumu:20180402091131j:plain

漸く諦めたようで、平べったく寝そべりました。

「あきちゃん、またあげるからね」

f:id:uretanonatsumu:20180402091149j:plain

『あ〜あ。もっと食べたかったなぁ』

あきちゃん、早くお手を覚えようね!